• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Metric APIの紹介

New Relic の Metric API は、様々なソースから メトリクスデータ を New Relic に送信するために使用できます。この API は、いくつかの統合やエクスポーターからのメトリクスを New Relic に取り込むためのものです。

Metric API を試してみませんか? New Relic アカウントを作成 無料でご利用いただけます。クレジットカードは必要ありません。

Metric APIとは何ですか?

Metric API は、メトリックデータを New Relic に取り込むための手段です。この API は、メトリックデータを含む JSON ペイロードを持った POST リクエストを私たちの HTTP エンドポイントに送信することで動作します。

Metric API は、 インテグレーション や、 オープンソース エクスポーター (DropWizard や Prometheus など)からメトリクスを取り込むためのものです。Metric API は、 Telemetry SDKs でも使用されています。これは、私たちのデータ取り込み API の使用を容易にする言語固有のツールです。

Metric APIは以下のように使用できます。

  • New Relic のエージェントを使用せずに、メトリックデータを New Relic に報告します。
  • オープンソースまたは自社開発のツール、ライブラリ、フレームワークからメトリックデータを統合する。
  • 解像度や関連する寸法など、送信するメトリックデータを完全にコントロールすることができます。
  • NRQL 、New Relic のクエリ言語の力を活用して、 メトリックデータ を照会します。
  • Set up Alert for your metric data.

要件

TCP ポート 443 でのアウトバウンド接続が、 CIDR 範囲 で、 地域 に一致するように許可されていることを確認してください。好ましい設定方法は、DNS名 metric-api.newrelic.com または metric-api.eu.newrelic.com を使用することです。

データを送信したい New Relic アカウントの New Relic ライセンスキー が必要です。制限と制限された属性については、 Metric API requirements and limits を参照してください。

スタートガイド

お客様のメトリクス・レポーティングのニーズを満たす既存の インテグレーションやクイックスタート がない場合、2つのオプションがあります。

データを探す、使う

Metric APIを介して送信されたデータ(このAPIを使用しているインテグレーションからのデータも含む)は、これらの場所で見ることができます。

  • one.newrelic.com から、 Explorer を選択し、お客様のサービスを探します。

  • Metric データタイプを照会することで。例えば、 NRQL を使って実行できます。

    SELECT * FROM Metric

    クエリの詳細については、 Metric query examples を参照してください。一般的なクエリーについては、 クエリーデータ を参照してください。

メートル法データのアラート

Metric API で作成されたメトリクスにアラートを出すには、 NRQL アラート条件: 条件を定義するときに NRQL カテゴリを選択し、 FROM Metric ... NRQL クエリ構文を使用して表現します。これらのアラート条件を作成すると、アラートは自動的に利用可能な最も細かい粒度のデータ(生のメトリック・データ・ポイント)を使用してアラートを評価します。

データ保持期間

すべての生のメトリックデータポイントは、30日間保持されます。生のメトリックデータポイントから派生したすべての追加集計データ(例えば、1分間のロールアップ)は、13ヶ月間保持されます。これらの期間を超えて保存期間を変更すると、お客様に料金が発生する場合があります。

トラブルシューティング

Troubleshoot an NrIntegrationError event を参照してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。