• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

CodeStreamに登録する

CodeStreamの使用を開始するのは簡単です。サインアッププロセスでは、アカウントの作成、組織の作成または参加、そしてチームメートの招待を行います。

アカウントの作成

IDEにCodeStream拡張機能がすでにインストールされている場合は、CodeStreamペインからサインアッププロセスを開始できます。サインアップには3つのオプションがあります。

  • 仕事用のメールアドレスとパスワードを入力してください
  • GitHub、GitLab、またはBitbucketアカウントを使用して認証します
  • New Relicのお客様は、NewRelicユーザーのAPIキーを使用してサインアップできます

メールアドレスを使用して登録した場合は、確認コードがメールに送信されます。

組織の作成または参加

サインアップしたので、次のステップは、CodeStream組織に参加するか作成することです。 CodeStream組織は、あなたとあなたのチームメートがコードについて話し合い、コラボレーションする場所であり、会社のすべての開発者が同じCodeStream組織に所属することができます。 New Relicをご利用の場合は、CodeStream組織がNewRelic組織に接続されていないことに注意してください。

CodeStreamに招待された場合、招待が送信された電子メールアドレスを使用してサインアップする限り、自動的にその組織に追加されます。他に何もする必要はありません。

招待されていなくても、既存のCodeStream組織に参加できる可能性があります。会社がすでにCodeStreamに組織を持っている場合、その組織の管理者は、会社のドメインの電子メールアドレスを使用するすべての人が招待されることなく組織に参加することを許可する場合があります。この場合、サインアップすると、その組織がリストに表示され、参加できるようになります。

招待されておらず、参加できる既存の組織がない場合は、新しい組織が作成されます。

チームメイトを誘う

これでCodeStream組織に参加したので、最後のステップは、チームメートを組織に招待して、コードについて話し合い、レビューできるようにすることです。

CodeStreamは、IDEで開いているリポジトリのコミット履歴に基づいていくつかの提案を提供します。既存の組織に参加せず、代わりに組織を作成した場合、あなたは自動的に新しい組織の管理者になります。この招待手順には、会社のドメインにメールアドレスを持つすべての人が招待されることなく参加できるようにするオプションが含まれます。 。

これで、CodeStreamを使い始める準備が整いました。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.