• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

APIによるソースマップのアップロード

ブラウザモニタリングでは、 ソースマップ のアップロードをサポートしています。このソースマップは、 JS エラー ページ のエラースタックトレースをアンミニファイするために使用されます。このドキュメントでは、APIを使用してソースマップをブラウザに公開(アップロード)する方法を説明します。

ソースマップAPIを利用するための準備

APIを介してソースマップをブラウザにアップロードするには、次のものが必要です。

ソースマップをNew Relicにプッシュ

1 つまたは複数のソースマップができたら、それをブラウザに公開する準備ができています。ソースマップをブラウザに送信するには、以下のいずれかの方法を使用できます。

コマンドラインやクライアントサイドのスクリプトでnpmモジュールを使用する

ソースマップをブラウザにアップロードする最も簡単でお勧めの方法は、新しい @newrelic/publish-sourcemap npm モジュール を使用することです。このモジュールは、ソースマップをアップロードするためのコマンドラインツールとJavascriptのAPIを提供します。詳しいドキュメントはnpm repoにあります。

ここでは、コマンドラインでnpmモジュールを使用する例をご紹介します。

重要

次の例は、米国のアカウント用です。 EUアカウントの場合、エンドポイントはhttps://sourcemaps.service.eu.newrelic.comです。詳細については、EU地域のデータセンターの概要を参照してください。

ここでは、npmモジュールを使って、クライアントサイドのJavaScriptからパブリッシュする例をご紹介します。

終わったら、ブラウザで JS errors page にアクセスし、エラーのグループを選択し、エラーのスタックトレースが最小化されていないかどうかを確認してください。

curlによるAPIの利用

以下では、curlを使ってソースマップを公開、一覧表示、削除する例をご紹介します。

終わったら、ブラウザで JS errors page にアクセスし、エラーのグループを選択し、エラーのスタックトレースが最小化されていないかどうかを確認してください。

ソースマップのトラブルシューティング

ビルドシステムからのソースマップの生成に問題がある場合や、ブラウザでのエラーがminifyされたままになっている場合は、 ソースマップのトラブルシューティング のドキュメントを参照してください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.