• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

エラーデータの管理

EOL通知

2022年3月をもって、エラー・クラシックUIを含むいくつかの機能のサポートを終了します。この移行に向けて簡単に準備できる方法など、詳細については、 Explorers Hubの投稿 をご覧ください。

New Relic の APM Errors ページ は、サービスのエラーを特定し、トリアージし、修正するのに役立ちます。Errors ページでは、APM エージェントが収集したデータを使用して、スタックトレース、HTTP ヘッダー値などのトランザクション属性、その他のカスタム属性を表示し、エラーのコンテキストを理解して修正することができます。

APMおよびインフラストラクチャデータのログを表示

ログとアプリケーションのデータをまとめて、トラブルシューティングをより簡単かつ迅速にすることもできます。コンテキスト内のログを使用すると、エラーとトレースに関連するログメッセージをアプリのUIで直接確認できます。また、Kubernetesクラスターなどのインフラストラクチャデータのコンテキストでログを表示することもできます。別のUIページに切り替える必要はありません。

エラーのデータタイプ:イベントとトレースの詳細

デフォルトでは、APMエージェントは2種類のエラーデータを収集します。

  • イベント
  • トレースの詳細

イベント

エラーイベントのデータタイプには、デフォルトの属性と、サービスに組み込まれたカスタム属性が含まれます。スタックトレースは含まれません。

以下のように、Errors UIでイベントデータを探します。

  • Error traces テーブルの Errors カラムです。
  • トップ5のエラーチャート.
  • エラーのグループを掘り下げていくと、スタックトレースが表示されていないエラーは、このようなデータに基づいています。
  • Show only errors with stack trace を無効にすると、このタイプのデータが収集されているが、関連するトレースの詳細がないエラーが表示されます。

イベントはサンプリングの対象となります( Caps on error reporting および Charting error rates and count を参照)。エラーイベントデータの詳細については、 APMで報告されたイベント を参照してください。

トレースの詳細

エラーデータタイプの「トレース詳細」には、スタックトレースや属性が含まれており、より多くのデータでイベントを補足しています。 Caps on error reporting を参照してください。

以下のように、Errors UIでトレース詳細データを探します。

  • Stack traces Error traces テーブルの列。
  • エラーのグループ分けをしたときに、スタックトレースがあるエラーはこのタイプのデータを使用します。

Show only errors with stack trace がデフォルトで有効になっており、表示されるエラーをこのタイプのデータが収集されているものだけに限定することができます。

このデータは、エラーの詳細についての特定の の保持規則によって管理されています

エラー報告の制限

New Relicのキャップのエラー報告は以下の通りです。

  • エージェント・インスタンスごとに毎分100イベント
  • エージェント・インスタンスごとに毎分20件のトレース詳細

これらのキャップは、エラーレポートがアプリケーションのパフォーマンスに悪影響を与えることを防ぎます。

例:

  • アプリは5つのEC2インスタンスで動作しており、それぞれ1つのJVMを使用しています。New Relicのキャップのエラー報告は

    • 毎分100イベント×5インスタンス=毎分500イベント
    • 毎分20件のトレース情報×5インスタンス=毎分100件のトレース情報
  • アプリは1つのホストで10台のインスタンスを実行しています。New Relicのキャップのエラー報告は

    • 100イベント/分 x 10インスタンス = 1000イベント/分
    • 毎分20件のトレース内容×10インスタンス=毎分200イベント

エラー率とカウントのグラフ化

エラー率チャート は、 メトリックタイムスライスデータ のクエリによって表示されます。これは、正確ではあるが、非常に限られた次元しか持たないサンプルされていない集約データタイプです。このデータは、エラーイベントデータのように柔軟にファセット化やフィルタリングを行うことができません。

このチャートをダッシュボードで再現したり、 Error rate chart 上で ... メニューをクリックし、 View query または Add to dashboard オプションを使用して、メトリックタイムスライスデータをさらに詳しく調べることができます。

トップ 5 エラー・チャートのように、イベント・データを使用してファセット化されたエラー数を チャート化するには、NRQL イベント・クエリを使用します。トップ 5 エラーチャートの ... メニューをクリックし、 View query を選択して、チャート作成の出発点とします。

イベントデータはサンプリングすることができるので( エラー報告に関するキャップス を参照)、 EXTRAPOLATE キーワード を使用すれば、サンプリングが発生していても正確なエラーカウントを得ることができます。

カスタムエラーの報告

デフォルトでは収集されないエラーを、エージェントのAPIを使って報告することができます。詳しくは、APIに関するドキュメント をご覧ください

エラーを無視する

通常は New Relic に報告される特定のエラーを、エージェント API やサーバーサイドの設定 UI を使って収集しないようにすることができます。詳細については、 Manage errors in APM をご覧ください。

予想されるエラーでノイズを減らす

時には、エラーデータを収集したいが、そのエラーによってアラートが発生するのは避けたい場合があります。 エージェント API を使用すると、そのようなエラーを「想定内」としてマークすることができます。エラーページには表示されますが、サービスのエラー率やApdexメトリクスには影響しません。

エラートレースの無効化

特定のエラーが New Relic に報告されないようにするには、エージェントの設定ファイルでそのエラーを無効にします。ほとんどのエージェントでは、特定のエラーコードを無視したり、エラーを完全に無効にしたりすることができます。詳細については、特定のエージェントの設定ドキュメントを参照してください。

  • C SDK
  • Go(適用されません。エージェントがエラーを報告するように設定されている場合のみ、エラーを報告します。)
  • Java
  • .NET
  • Node.js
  • PHP
  • Python
  • Ruby

エラー痕跡の削除

注意

エラートレースを削除した後に回復することはできません。エラーの削除は、現在、従来の Errors Classic UI でのみ可能です。

あなたがしたい場合は...

これを行う...

アプリケーションのすべてのエラートレースを削除する

アプリのすべてのエラートレースを削除する権限がある場合。

  1. Go to one.newrelic.com > APM> (select an app)> More views> Errors (classic).

  2. 選択

    すべてのエラーを削除.

お客様のアカウントのすべてのエラートレースを削除する

New Relic アカウントのすべてのエラートレースを削除するには、 support.newrelic.com でサポートを受けてください。

個々のエラー・トレースの削除

個々のエラートレースを削除するには、APM の Errors (classic) ページを使用します。エラーの表からエラーにドリルインして、 Delete this error をクリックします。

エラートレースの削除に加えて、 トランザクショントレース または データベース/低速 SQL トレース を削除することもできます。これにより、他のアプリケーションデータ(Apdex、デプロイメント情報など)を保持したまま、機密性の高いデータを削除することができます。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.