• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

トラブルシューティングのためのトレースログの生成(Node.js)

New Relic Node.js エージェントのログ は、デフォルトの info レベルのエラーをキャプチャします。しかし、トラブルシューティングやデバッグの際には、より詳細な トレース ログを生成し、問題の発見や調査に役立ててください。

重要

trace log 設定は、非常に冗長なログレベルです。ディスクスペースの消費を抑えるため、テスト後は logging : { セクションの レベル元の設定 に戻してください。

ログファイルの生成

詳細な トレース ログファイルを生成するには。

  1. newrelic.js ファイルを編集し、 logging セクションの leveltrace に変更します。

    logging: {
    level: 'trace'
    }
  2. ノードを再起動します。

  3. 十分なロギングデータを生成するために、Webアプリケーションを5分程度動かしてみてください。

  4. テスト後、 レベル を、より冗長性の低い ロギングレベル 、例えば info (デフォルト)に変更してください。

  5. 生成されたログファイルを開いて確認します。

ログファイルの検証

デフォルトでは、Node.js エージェント は、ログファイル を現在の作業ディレクトリに newrelic_agent.log として保存します。ログファイルやフォルダが表示されていない場合。

  1. ロギングパスを stdout または stderr に設定しているかどうかを確認してください。
  2. 現在の作業ディレクトリと、ログファイルを置くディレクトリが同じであることを確認します。
問題を作成する
Copyright © 2022 New Relic Inc.