• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

トラブルシューティングのためのトレースログの生成(Node.js)

New Relic Node.js エージェント ログは、デフォルトのinfoレベルでエラーをキャプチャします。ただし、トラブルシューティングやデバッグを行う場合は、問題の発見と調査に役立つように、より詳細なtraceログを生成します。

重要

traceログ設定は、非常に詳細なログ レベルです。ディスク容量の消費を減らすには、テスト後にlogging : {level}セクションを元の設定に戻します。

ログファイルの生成

詳細なtraceログ ファイルを生成するには:

  1. newrelic.jsファイルを編集し、 loggingセクションのleveltraceに変更します。環境変数を使用する場合 (Lambda では、これが最も一般的な方法です)、 NEW_RELIC_LOG_LEVELtraceに設定します。

    logging: {
    level: 'trace'
    }
  2. ノードを再起動します。

  3. 十分なロギングデータを生成するために、Webアプリケーションを5分程度動かしてみてください。

  4. テスト後、 levelinfo (デフォルト) などの、より冗長でないログ レベルに変更します。

  5. 生成されたログファイルを開いて確認します。

Lambdaを使用している場合、 ログの設定方法を学ぶ.

ログファイルの検証

デフォルトでは、Node.js エージェントは ログ ファイルを現在の作業ディレクトリにnewrelic_agent.logとして保存します。ログ ファイルまたはフォルダーが表示されない場合:

  1. ロギング パスをstdoutまたはstderrに設定しているかどうかを確認してください。
  2. 現在の作業ディレクトリと、ログファイルを置くディレクトリが同じであることを確認します。
Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.