• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

アプリに複数の名前を使用

New RelicでAPMデータを操作する場合、複数のクラスタ、環境またはデータセンターにわたるアプリケーションの「ロールアップされた」集計データを表示したい場合がありますが、各アプリインスタンスのデータを個別に表示することもできます。これを行うには、APMで監視対象のアプリに複数のアプリ名を設定します。

始める前に

複数のアプリ名を使用する際に知っておくべき重要な注意事項を以下に示します。

代替ソリューション

複数のアプリ名を追加すると、重複したデータが報告されるため、他のオプションを検討することをお勧めします。

テレメトリーデータを属性でより簡単にフィルタリングすることが目標の場合(エージェント領域でフィルタリングする場合など)、代わりに以下のオプションのいずれかを使用することをお勧めします。

アプリデータを整理するもう1つのオプションとして、アラート条件キートランザクションを使用して、環境ごとに異なるパフォーマンス閾値を設定できます。これらの閾値は個別のアプリに適用されますが、ロールアップされたアプリ全体には固有の閾値がありません。全体のアプリは、関連する環境の閾値に従って受信データを処理します。

重複データ

複数のアプリ名を使用すると、重複したイベントとメトリクスが生成され、取り込みデータとしてカウントされます。たとえば、New Relicの監視対象アプリに3つのアプリ名が設定されている場合、イベントとメトリクスが3回報告されます。

複数のアプリ名を使用し、以下の代替ソリューションのいずれも使用したくない場合は、ドロップデータルールを使用して、特定の不要なイベントをドロップできます。

名前の優先順位

エージェント設定でのアプリ名の順序が重要です。詳細については、アプリ名の定義を参照してください。

複数のアプリ名の使用方法

通常、2つのインスタンスが同じアプリ名、エージェント言語、ライセンスキーでレポートする場合、New Relicは1つのNewRelicが監視するアプリにそのデータを集計します。アプリのNew Relic APM 概要ページから個別のホストやインスタンスのデータを表示することも可能です。

異なる方法でアプリをセグメント、またはデータの全体的な表示を維持しながら個別のアプリとして各インスタンスと作業するには、New Relicエージェントの設定ファイルを使用して、最大3つまでの異なるロールアップ名をアプリに付けます。New Relicは設定ファイルにリストされている各アプリにアプリのデータを個別にレポートします。

たとえば、環境の開発、ステージング、およびプロダクションで実行しているアプリに収集したデータを分離し、かつ各環境でアプリの一般的なビューにすることもお勧めします。または、同じコードを実行している2か所のデータセンターがある場合は、1つのアプリをEastCoastApp;AggregateAppと命名し、2つ目のアプリをWestCoastApp;AggregateAppと命名できます。

Browserデータのロールアップ

複数の名前を使用してアプリケーションデータをレポートすると、そのアプリケーションからのすべてのデータは、同じ設定を使用する複数のアプリケーションにグループ化されます。

重要

セッショントレースデータは、記載されている最初のアプリケーションにのみレポートされます。その他のBrowserデータは、最大3つのアプリケーションにそれぞれ入力されますが、セッショントレースデータは最も限定度が高いアプリケーションに制限されます。

最も限定度が低いものからアプリ名を定義

各アプリに最大3つまでの名前を付けることができ、New Relicは最も限定度が低いものからデータを集約します。各アプリ名のデータを個別に表示するNew Relic UIを使用し、全体的なアプリケーションのパフォーマンスのデータも集計できます。その際、アプリ名を指定する順序が重要です。

複数の名前を使用

コメントコメント

最も限定度が高い名前

ユニークなロールアップ名。

限定度が低い名前

New Relic UIにデータを集計する共有ロールアップ名。これは一般的な組織を提供します。

オプションで、個別的でない名前

追加の共有ロールアップ名。使用する場合は、これがNew Relicが1つのアプリにデータを集計するために使用する最も一般的な名前です。

エージェント設定ファイルでアプリケーションインスタンスに命名

設定ファイルで使用する命名規則は、New Relicエージェントによって異なります。最初のロールアップ名が最もユニークになるようにアプリ名の順序を設定します。

2つ目と3つ目の名前はユニークまたは同じにできます。2つ目の名前は集計データにより一般的なもので、3つ目の名前は(使用する場合)最も一般的なものです。

エージェント

設定ファイルの値

C

newrelic_app_config_t* config;で、セミコロン;で区切った最大3つの名前を識別します。

Go

AppName にセミコロンで区切られた最大 3 つの名前を設定します。

Java

app_name にセミコロンで区切られた最大 3 つの名前を設定します。

.NET

使用可能オプションのいずれかを使用して、.NET アプリに命名します。

Node.js

app_nameにカンマで区切られた最大3つの名前を設定します。名前の文字列を一重引用符または二重引用符で囲みます。(または、環境変数 NEW_RELIC_APP_NAME を変更します)。

PHP

使用可能なオプションのいずれかを使用して、PHPアプリケーションに命名します。セミコロンで区切った3つの名前を使用します。

Python

app_nameにセミコロンで区切られた最大3つの名前を設定します。セミコロンの後にスペースを追加しないでください。スペースを追加すると、次の名前がコメントとして解釈されます。

Ruby

app_name にセミコロンで区切られた最大 3 つの名前を設定します。

詳細については、エージェントの設定ファイルドキュメントを参照してください。

以下は、1つのアプリで複数のロールアップ名を使用する方法の例です。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.