• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

リアルタイム・ストリーミング

リアルタイムストリーミングでは、APM のイベントデータが 5 秒ごとに New Relic に送信されます。トランザクション、エラー、カスタムイベントなどのデータをほぼリアルタイムで照会し、視覚化することができます。ペイロードが小さくなることで、チャートの更新が速くなり、最も重要なデータの問い合わせも速くなります。

リアルタイム・ストリーミングを利用するための設定は必要ありません。必要なのは、 APMエージェントのバージョン が最新であることを確認するだけです。

重要な理由

リアルタイム・ストリーミングでは、送信されるイベント数は増えません。より頻繁な投稿と、1投稿あたりのイベント数の減少の組み合わせにより、1分あたりのイベント数は、リアルタイム・ストリーミングを行わない場合とほぼ同じになります。

次の画像は、New Relic に送信されたデータを、リアルタイムストリーミングを使用した場合と使用しない場合で比較したものです。なお、10,000はイベント数の一例であり、エージェントによってはデフォルトの上限が低いものもあります。

1分間に送信できるイベント数の全体的な制限に変更はありません。また、イベント以外のデータ(スパン、トレース、メトリクス)も影響を受けず、1分ごとに送信されます。

新しいアプリのバージョンをデプロイするなど、何かが変わったときの影響を素早く把握するために、リアルタイムのストリーミングを使用します。

  • 主要なパフォーマンス指標(スループット、エラーレート、チャートなど)をほぼリアルタイムで調べることができます。
  • 障害発生時や異常発生時に迅速に対応。
  • ダッシュボードを最大限に活用してください。
  • 5秒ごとに報告されるAPMイベントにより、検出までの平均時間を短縮。

自動的に有効にするエージェントのバージョン

リアルタイムストリーミングを有効にするには、 を最新の APM エージェントに更新してください。リアルタイムストリーミングを有効にするために何かを設定する必要はなく、自動的に速く報告されます

リアルタイム・ストリーミングは、すべてのAPMエージェントでサポートされています。最小限のエージェントのバージョンは以下の通りです。

注意

トランザクションイベントのレポートが 無効になっている場合 、New Relic 全体の一部の UI 要素に影響を与える可能性があります。このデータに依存している一部のUIページでは、空のグラフが表示されることがあります。

リアルタイム・ストリーミング・データの照会

チャートを構築する際には、NRQL クエリに以下を含めてください。

NRQL句

コメント

SINCE 5 minutes ago

5秒のグラフの更新間隔を利用するには、必ずSINCE 5 minutes agoをNRQLクエリに追加してください。これは、チャートの更新間隔が時間枠に基づいているためです。

TIMESERIES バケツ

時系列グラフの更新間隔を設定するには、 TIMESERIESのオプションの引数としてバケットサイズを指定することもできます。たとえば、 SINCE 30 minutes ago TIMESERIES 5 secondsは5秒の解像度で30分のウィンドウを表示します。最大366個のバケットを持つことができます。

リアルタイムのストリーミングチャートを作成

NRQLクエリの結果は、リアルタイムのグラフで視覚化できます。

  1. one.newrelic.com にアクセスし、ページの上部で Query your data を選択します。
  2. データエクスプローラー を使用して、チャートの作成を開始します。
  3. advanced (NRQL) mode を選択して、クエリを絞り込みます。
  4. NRQLクエリで、5秒の更新間隔を利用するようにSINCE }句とTIMESERIESを調整します。
Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.