• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

Java XML instrumentationの例

New Relic が監視している Java アプリケーションの場合、 カスタム インストルメンテーション 方法のひとつとして、インストルメント化したいメソッドやクラスをリスト化した XML ファイルを使用する方法があります。このドキュメントでは、XML インストルメンテーションファイルの例を示します。詳しくは、 XML による Java インストルメンテーション をご覧ください。

UIでのXMLファイルの編集

New Relic UI から XML ファイルを直接編集するには: one.newrelic.com > All capabilities > APM & services > (アプリを選択) > Settings > Instrumentationに移動します。ここから次のことができます。

  • サンプルXMLファイルのダウンロード
  • 既存のXMLファイルを選択して編集します。
  • 楽器の履歴を検索します。

XMLファイル形式

XMLファイル形式には、ルートノードとチャイルドノードがあります。

注意

すべてのメソッドをインストルメント化しないでください。これは、 メトリックグループ化の問題につながる可能性があります。.

ここでは、サンプルクラスと、そのクラスをインストルメント化するためのXMLファイルを紹介します。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.