• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Goエージェントの属性

属性 は、トランザクションイベント、エラーイベント、トレースされたエラーの情報を含むキーと値のペアです。 New Relic の Go 言語エージェント が収集する属性について、デフォルトの属性の行き先を調整したり、カスタム属性を作成したりすることができます。

  • エラートレース
  • Transactionイベント
  • ページビュー

さらに詳細なモニタリングを行うために、 カスタムアトリビュート を作成します。

Goエージェントの属性

Go エージェントは、以下の デフォルトの属性 をお客様のアプリから受け取ります。これらのデフォルト設定を調整したり、 特定の目的地に対して属性をオンまたはオフにすることができます

重要

Go エージェント v3.0.0 の時点で、この属性は非推奨とマークされ、名前がhttp.statusCodeに変更されました。v3.x エージェントは引き続きこの属性を生成しますが、v4.0.0 では削除されます。

スパンとセグメントの属性

Go agent v2.6.0 以降をお持ちの場合 、スパンやセグメントの属性を設定することができます。Go エージェントは、以下の デフォルトの属性 をアプリから受け取ります。これらの属性は、スパンイベントとトランザクショントレースセグメントにのみあります。これらのデフォルト設定を調整したり、 特定の宛先に対して属性をオンまたはオフにすることができます

アトリビュートの変更先

アトリビュートの送信先を変更するには、これらのオプションを使用します。

カスタムアトリビュートの作成

トランザクションでこのメソッドを使用してカスタム属性を追加します。

txn.AddAttribute("key", "value")

txn変数は、Go トランザクション用にインストルメント化された変数です。例えば:

txn.AddAttribute("product", "widget")
txn.AddAttribute("price", 19.99)
txn.AddAttribute("importantCustomer", true)

カスタムアトリビュートの宛先のデフォルト設定

  • エラーコレクター(トレースされたエラー)。有効
  • トランザクションイベント。有効
Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.