• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Goによるクロスアプリケーショントレーシング

Goエージェントは、 クロスアプリケーショントレース(CAT)をサポートしています 。クロスアプリケーショントレースは、APMが監視するアプリ間のトランザクションをリンクするもので、サービス指向アーキテクチャやマイクロサービスアーキテクチャを実装するアプリケーションには不可欠です。

重要

Distributed tracing を公開しました。Distributed Tracingはクロスアプリケーショントレースを改良したもので、大規模な分散システムにお勧めです。

Goでクロスアプリケーショントレースを有効にする

CrossApplicationTracer.Enabled構成フラグを使用して、Go エージェントでクロス アプリケーション トレースを有効または無効にできます。

GoによるトランザクションとHTTPリクエストのガイドライン

クロスアプリケーショントレースを有効にしても、アプリケーションがHTTP(s)リクエストに応答したり、独自のHTTP(s)リクエストを作成したり、 独自のトランザクションを作成したりする際には、いくつかの簡単な規則に従っていることを確認する必要があります

分散トレースを取得する

New Relic では、 分散型トレース も提供しています。ディストリビュートトレーシングは、クロスアプリケーショントレースを改良したもので、大規模な分散システムにお勧めです。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.