• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

C SDKを使ったトランザクションの計測

EOL通知

2022年4月をもって、CSDKを含むいくつかの機能のサポートを終了します。この移行に簡単に備える方法など、詳細については、 ExplorersHubの投稿をご覧ください。

C SDK を使用して トランザクション をインストゥルメントすることで、C ライブラリをインポートできる言語を使用する Linux 上のあらゆるアプリケーションを監視することができます。New Relic 関数を追加してソースコード内のトランザクションを手動でインストルメントした後は、New Relic UI の Transactions ページ でデータを確認することができます。

トランザクションをインストゥルメントする

トランザクションをインスツルメンテーションして New Relic UI でモニターできるようにするには、インスツルメンテーションを開始および停止する New Relic の関数をトランザクションの周りにラップします。使用する関数は、 Web トランザクションと非 Web トランザクションのどちらをインスツルメンテーションするかによって異なります

  1. 次のコードを の直前に追加してください。 監視したいトランザクションの前に。

    ウェブトランザクションの場合:

    newrelic_txn_t *txn;
    /* ... */
    txn = newrelic_start_web_transaction(app, "NAME_YOUR_TRANSACTION");

    非ウェブトランザクションの場合:

    newrelic_txn_t *txn;
    /* ... */
    txn = newrelic_start_non_web_transaction(app, "NAME_YOUR_TRANSACTION");
  2. 監視するWebまたは非Webトランザクションの直後に次のコードを追加します。

    newrelic_end_transaction(&txn);

機器のセグメントとエラー

セグメントとは、トランザクションを構成する関数やコールのことです。トランザクションをインストルメント化した後は、以下のことができます。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。