• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

スケジュールされたジョブの監視

critical thresholdsloss of signal settings を使用して、スケジュールされたジョブを監視し、それらが起こらなかった場合に通知を受けることができます。

例えば、24時間ごとにメンテナンスが予定されているシステムの場合、そのメンテナンスが行われない時間帯を知りたいと思います。

この手法は、定期的にスケジューリングされたジョブが、信号喪失の最大閾値時間である48時間を超えて発生する場合にのみ有効です。

知っておきたいこと

この手順を最大限に活用するためには、 条件を作成する方法を知っておく必要があります

これは、静的または異常しきい値タイプでのみ機能します..

使い方

通常、条件ではクリティカルしきい値を使用してインシデントをトリガーします。ただし、信号の損失によってインシデントが発生する可能性もあります。スケジュールされたジョブを監視し、ジョブが発生しない場合に通知を受け取るには、インシデントがトリガーされないように、条件のしきい値を十分に高いか低い値に設定します。そうすれば、信号の損失だけがインシデントを引き起こします。

スケジュールされたジョブの監視

  1. 監視したいジョブに関連する条件 を作成します。
  2. Set your condition thresholds で、 Critical の閾値をこれまでのトリガーの上か下に設定します。
  3. + Add lost signal threshold をクリックして、監視するジョブのスケジュールされたサイクルよりも長い信号満了時間を設定します。
  4. Add lost signal threshold [損失信号しきい値を追加] を オンにします。
  5. 必ず、条件に名前を付けてから保存します。
Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.