• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

カスタム異常検出

カスタム異常により、チームはシステム内の異常な動作を検出する際に最も汎用性が高くなります。カスタム異常は柔軟で動的であるだけでなく、チームに NQRL 状態を警告し、しきい値を調整および最適化する機能を提供します。カスタム異常は、静的アラートと同じ高度な調整設定を使用して構築されるため、チームは自分にとって重要なインシデントのみを確認できます。

異常しきい値の構成

しきい値タイプで「異常」を選択したら、しきい値を設定する必要があります。これにより、通知を受ける基準が設定されます。

これを行うには、次のことが必要です。

  • 条件が上方の違反、下方の違反、または両方をチェックするかどうかを設定する。
  • インシデントをトリガーする動作を設定します (例: 「5 分以上逸脱する」)
  • スライド バーを調整して違反を増やしたり減らしたりして、データ ソースの変動に対する条件の感度を調整します。このバーは、通知が必要な予測からの標準偏差の数を計算します。

データが予測された「正常」な挙動から逸脱し、選択した基準を満たすと、通知が送信されます。

異常の閾値を設定する際のポイント:

  • 異常の方向を設定する際に、異常の上または下で発生する違反を監視するようにします。
  • プレビュー チャートを2 日間または 7 日間の表示データに設定します。これは、 NRQL アラート条件には適用されません。
  • スライダー バーを使用して、異常の周囲の薄い灰色の領域によってプレビュー チャートに表される重大なしきい値の感度を調整します。異常の周囲の帯域が狭いほど、感度が高くなり、より多くの違反が生成されます。
  • オプション: 警告のしきい値(異常の周囲の暗い灰色の領域) を作成できます。
  • NRQLアラートに関しては、認められているNRQLクエリの種類
  • アラート条件が複数のアプリケーションに適用されている場合は、チャートの上のドロップダウンから使用するメトリクスを選択できます。(NRQLアラート条件には適用されません)。

ファセットの異常状態

異常条件に対してファセット NRQL クエリを実行したら、結果を 1 つの異常に絞り込むことができます。

単一の時系列には、異常、閾値バンド、1つ以上の違反領域(存在する場合)が表示されます。

異常の方向: 上限または下限の範囲を選択します

予測値を上回る (「上限」) か、予測値を下回る (「下限」) か、または上回るか下回るかを条件で検索するかどうかを選択できます。これらは、予測方向セレクターで選択します。

使用例:

  • エラー率のようなデータ ソースには上限設定を使用する場合があります。これは、通常、データ ソースが上昇する場合のみ考慮し、下降する場合は考慮しないためです。
  • スループットのようなデータ ソースには [下限] 設定を使用できます。これは、突然の上昇変動が非常に一般的であるためですが、突然の大幅な下降は問題を示している可能性があるためです。

以下に、それぞれの異常方向の設定で、データの大きな変動がどのように扱われるかに関する例を示します。赤い領域は違反を表します。

予測値の計算に関するルール

予測を計算するアルゴリズムは数学的に複雑です。その予測能力を支配する主要なルールのいくつかを次に示します。

  • データの経過時間 最初の作成では、データの可用性と予測の種類に応じて、1 ~ 4 週間のデータを使用して予測が計算されます。作成後、アルゴリズムは長期間にわたる継続的なデータの変動を考慮に入れますが、最近のデータにはより大きな重みが与えられます。短期間しか存在しなかったデータの場合、予測値は大きく変動する可能性が高く、あまり正確ではありません。これは、通常の値と動作を判断するのに十分なデータがないためです。データの履歴が多いほど、予測としきい値がより正確になります。
  • データの一貫性一貫した範囲内にとどまっている、またはゆっくりと着実に傾向を示すメトリック値の場合、より予測可能な動作は、予測の周りでしきい値が厳しくなることを意味します。より多様で予測不可能なデータは、より緩い (より広い) しきい値を持ちます。
  • 定期的な変動 1 週間よりも短い周期的な変動 (毎週水曜日の午後 1 時の展開や夜間のレポートなど) の場合、予測アルゴリズムはこれらの周期的な変動を探し、それらに適応しようとします。

チャートのプレビュー: 2日または7日を選択

閾値を設定する場合、プレビューチャートには2日前からまたは7日前からを表示するオプションがあります。これらのオプションは、異常を計算するために使用する期間ではなく、プレビューの表示に使用する時間範囲を指定するだけです。異常を計算するために使用する時間範囲の詳細については、アルゴリズムの規則をご覧ください。NRQLアラート条件には適用されません。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.