• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

New Relic エージェントと OpenTelemetry を比較する

New Relic エージェントと OpenTelemetry は、ツールボックスにある同様のレンチのようなものです。タスクに最適なものを選択する必要があります。自分に合ったツールを選択できるように、OpenTelemetry を使用した New Relic で期待できるさまざまなユーザー エクスペリエンスの比較を提供しました。製品とオープン ソース コミュニティの急速な成長と変化のため、この機能比較は定期的に更新されます。

私たちの目標は、データが New Relic エージェントからのものであろうと OpenTelemetry からのものであろうと、同じ世界クラスのオブザーバビリティ エクスペリエンスを提供することです。OpenTelemetry は New Relic エージェントよりも新しいテクノロジーであり、データ モデルが異なるため、いくつかのエクスペリエンスが異なるというのは単純な真実です。OpenTelemetry の範囲と成熟度は急速に拡大していますが、OpenTelemetry のインスツルメンテーションまたは仕様でまだサポートされていない New Relic プラットフォームの機能がまだあります。私たちは、New Relic プラットフォームで OpenTelemetry 仕様のサポートをさらに追加することに取り組んでいます。

大まかな比較を示す最初の表から始めることをお勧めします。次に、その情報を使用して、最も重要な詳細セクションに焦点を当てることができます。以下のセクションには、New Relic で特定のエクスペリエンスを期待できるかどうかを示すアイコンがあります。

  • ✅ New Relicでサポート
  • 🟡 New Relic での限定的なサポート
  • ❌ New Relic ではサポートされていません

ヒント

これらの比較をナビゲートするいくつかの方法を次に示します。

  • 右側のナビゲーション ペインで見出しをスキャンします。
  • CONTROL-Fを使用してページ内のキー フレーズを検索します。
  • sを押してすべての折りたたみセクションを展開するか、 hで非表示にします。

高レベルの比較

機能

NewRelicエージェント

New Relic での OpenTelemetry

メトリクス、トレース、およびログを収集する

カスタム イベントの収集

❌ OpenTelemetry では指定しない

SLI/SLO の測定と追跡

🟡 現在スパンのみ

アプリケーションのパフォーマンスを最適化する

🟡 OpenTelemetry インストルメンテーションは言語によって大きく異なり、改善されています。New Relic エージェントは、全体的に幅広い言語をカバーしています。

複雑なシステムの根本原因を発見する

🟡 New Relic エージェントと組み合わせない限り、フロントエンドと Kubernetes の可観測性は制限されます

エラーと例外のトリアージと修正

🟡 New Relic エージェントと組み合わせない限り、フロントエンド エラーのトリアージは制限されます

システム トポロジを理解する

Kubernetes を監視する

🟡 New Relic インスツルメンテーションによるすぐに使用できる優れたエクスペリエンス

サーバーレス機能を監視する

🟡 New Relic インスツルメンテーションでユーザー エクスペリエンスが向上しますが、AWS Lambda の OpenTelemetry を使用するとセットアップが簡単になります

エンドユーザー エクスペリエンスの向上

🟡 RUM(リアルユーザーモニタリング)仕様策定中だがトレースは採取可能

テレメトリに関するアラート

異常を検出して通知する

🟡 現在、自動異常検出は New Relic Lookout に限定されています

ダッシュボードを作成する

可観測性ツールのオーケストレーションとデプロイ

データの取り込みと保存を管理する

✅ OpenTelemetry コレクターは、この目的のための強力なツールの 1 つであり、追加の管理が必要です。

可観測性データの共有、エクスポート、構築

報告されたテレメトリをすぐに確認する

✅ データ型によって異なる

✅ データ型によって異なる

信頼性の高い大規模なテレメトリの取り込み、ストレージ、およびクエリ

クラウド プラットフォーム ベンダーとの統合

New Relic の技術専門家からサポートを受ける

サポート内容をご覧ください

概要ページ

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: 🟡 限定的なサポート

[概要] ページには、サービスの状態の概要が表示され、エンティティに関するゴールデン シグナル (応答時間、スループット、エラー率) がグラフ化されます。これらは、サービス インスタンス ID (OpenTelemetry) またはホスト名 (New Relic エージェント) によっても分類されます。

UI でのデータのフィルタリング/グループ化

New Relic エージェント: 🟡 New Relic での限定的なサポート OpenTelemetry: ✅

New Relic の OpenTelemetry のサービス UI を使用すると、任意の属性を使用してチャート内のデータをフィルタリング/グループ化できます。New Relic One では、OpenTelemetry サービスのみに以下に示すフィルター バーがあります。

対照的に、New Relic エージェントベースの UI は、より限定された属性セットによってフィルタリング/グループ化できます。たとえば、すべてのデータをホスト/インスタンスでフィルタリングできます。いくつかの特殊なビューは、メトリックの固定グループを提供します。たとえば、データベース クエリ別、トランザクション/エンドポイント別、外部サービス コール別、エラー メッセージと例外タイプ別などです。さらに、これらのビューの多くで使用できるイベント データは、任意の属性でフィルタリング/グループ化できます。

ディストリビューティッド(分散)トレーシング

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: ✅

現在、分散トレーシングは、当社のエージェントと OpenTelemetry によってサポートされています。どちらも W3C トレース コンテキストとの互換性を提供します。さらに、OpenTelemetry は、W3C Baggage、高度に構成可能なサンプリング オプション、スパン上のイベント、または New Relic span eventsをサポートしています。

トランザクション

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: 🟡 限定的なサポート

トランザクションは New Relic の概念であり、特定のエンドポイントへのリクエストの集約を表します。OpenTelemetry では、トレース データを使用してこの概念をマッピングします (「 トランザクション」を参照)。

OpenTelemetry サービスからのデータを [トランザクション] ページに入力するには、スパンがserverまたはconsumerSpanKindである必要があります。これらのスパンは、サービスによって処理されるリクエストを表し、より多くのサービスを含むより大きなトレースの一部である可能性があります。トランザクション UI でこのデータが必要な場合は、この属性を手動で設定する必要がある場合があります (「 トランザクション ページ」を参照)。

トランザクション (New Relic の概念として) とトレースの主な違いは、プロセスの境界です。トランザクションは、1 つのプロセスによって実行される 1 つの論理的な作業単位をカプセル化することを目的としていますが、トレースには複数のプロセスからの複数の作業単位が含まれる場合があります。New Relic エージェントは、自身をプロセスにアタッチして起動します。プロセスは外部サービスを呼び出すことができますが、トランザクションの境界はそのプロセスで開始および終了します。

一方、トレースには同じ境界がないため、関連する可能性のあるすべてのサービスにまたがるスパンが含まれます。

データベース

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: 🟡 限定的なサポート

データベースページには、アプリケーションのデータベースとキャッシュ データが表示されます。個々のデータベース トランザクションが並べ替え可能なテーブルとして表示され、操作、スループット、および応答時間がグラフとして表示されます。

データベース ページの機能は、次の理由により異なります。

  • 使用するライブラリによるインストルメンテーション カバレッジの違い

  • このページに入力するために、さまざまなデータ ソースが使用されます。

    • APM エージェント サービスは、サンプリング効果の影響を受けないメトリックを使用します
    • OpenTelemetry サービスは、サンプリングを使用するスパンを使用します

エクスターナル

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: 🟡 限定的なサポート

外部サービス機能を使用すると、1 つのサービスのアップストリームとダウンストリームのアクティビティを詳しく調べることができます。New Relic エージェントまたは OpenTelemetry で監視している場合でも、接続されたサービスにドリルダウンすると、外部サービス機能によってトランザクション レベルの詳細が表示されます。

OpenTelemetry の場合、このビューはスパン データ (サンプリングされる可能性があります) に厳密に基づいていますが、New Relic エージェントはサービス間接続でサンプリングされていないメトリックを報告します。

ログ

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: 🟡 限定的なサポート

サービスマップ

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: ❌

このマップには、特定のサービスの相互接続されたサービスのセット全体が表示されます。相互接続されたサービスは、このマップに表示されるためにアクティブに報告されている必要があります。次の機能と比較してください: 関連するエンティティと自動マップ。

依存関係

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: ❌

OpenTelemetry の場合、関連エンティティビューでは、特定のサービスのすべての依存関係に移動できます。

エラー

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: ✅

[エラー] ページの OpenTelemetry サービスの場合、エラー率はスパン データに基づいています。次の条件を満たすスパンが含まれている場合、トレースが表示されます。

  • otel.status_code=ERROR
  • span.kind=server また span.kind=consumer

上記は、例外が記録されたスパンのスパン イベントとして表示される例外にも適用されます。

[エラー] ページに表示されるはずのエラーが表示されない場合は、 span.kind属性に基づいて除外されないため、分散トレース ページを確認してください。

エラーの受信トレイ

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: ✅

サービスの指標

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: 🟡 限定的なサポート

New Relic エージェントは、サービスのさまざまなメトリクスをレポートします。その一部を以下に詳しく説明します。これらのメトリクスは、データベース、外部、トランザクションなどの特定のユーザー エクスペリエンスを強化します。

OpenTelemetry メトリクスのリリース候補は 5 月の初めに発表され、一般提供が間もなく開始される予定です。メトリクス API、SDK、およびプロトコルは安定しており、Java、.NET、および Python のクライアント ライブラリが RC に存在します (リリース候補)。

メトリクスエクスプローラー

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: ✅

New Relic APM エージェントはタイムスライス メトリックを使用し、OpenTelemetry はディメンション メトリックを使用します。

イベント エクスプローラー

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: ✅

OpenTelemetry サービスの場合、このページを使用して、サービスによって発行されたスパンとログに関するデータを調べることができます。スパン イベントに関するデータを調べるには、 Spanをクリックしてからnr.spanEventCountをクリックするか、 SpanEventをクエリします。

エクスプローラー

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: 🟡 限定的なサポート

New Relic で計測されたサービスと OpenTelemetry で計測されたサービスは、異なるセクションに表示されます。

OpenTelemetry サービスはスパンを使用してゴールデン シグナルを作成しますが、New Relic エージェント サービスはメトリクスを使用します。

外を見る

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: 🟡 限定的なサポート

OpenTelemetry サービスの場合、他の OpenTelemetry が装備されたサービスのみがこのビューに表示されます。

OpenTelemetry サービスはスパンを使用してゴールデン シグナルを作成しますが、New Relic エージェント サービスはメトリクスを使用します。

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: ✅

OpenTelemetry サービスはスパンを使用してゴールデン シグナルを作成しますが、New Relic エージェント サービスはメトリクスを使用します。

Apdex

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: ❌

この概念は、OpenTelemetry 仕様ではカバーされていません。

スレッドプロファイラー

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: ❌

ランタイム/VM 可観測性

ブラウザページ

モバイル

関連するエンティティ

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: 🟡 限定的なサポート

このビューには次のものが表示されます。

  • サービス間の関係 (APM サービスと OpenTelemetry サービス)
  • サービスとインフラストラクチャの関係 (OpenTelemetry サービスではサポートされていません)

Distributed Tracing を使用するサービス、または W3C トレース コンテキストを使用して OpenTelemetry トレースをレポートするサービス間の関係が推測されます。これらは関連エンティティに表示されます。

監視されていない外部サービスおよびデータベースとの関係は、現時点では APM サービスに対してのみ生成されます。

環境

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: ❌

OpenTelemetry サービスの環境情報を収集するには、使用されている言語 SDK などの特定の環境情報を見つけるために (分散トレース ページまたはクエリによって) スパン属性を調べることができます。

使用中の SDK によって必ずしも報告されるとは限りませんが、ユーザーはスパン属性を手動で設定して、スパン属性やその他の役立つ環境情報を含めることができます。

デプロイメント

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: ❌

OpenTelemetry には、デプロイメントの記録に関する仕様はありません。潜在的な回避策は、スパンにservice.version属性を追加することです。これを使用して、環境内のさまざまなデプロイメント バージョンをフィルタリングできます。この回避策では、求めているのと同じ利点が得られない場合があります。これは、デプロイ マーカーの価値が、異常と一緒にアクティビティ ストリームに表示され、リアルタイムで表示できることにあるためです。ただし、フィルタリングを許可することで価値を提供できます。

活動の流れ

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: 🟡 限定的なサポート

アラート違反は、すべてのタイプのエンティティに対して表示されます。

New Relic APM エージェント エンティティのサービス展開、関連する展開、および Java エージェント サーキット ブレーカー イベントが表示されます。

ガラスまでの時間の短縮

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: ✅

New Relic エージェントは、イベントを 15 秒間隔で送信し、メトリクスを 1 分間隔で送信しますが、より高速または低速に設定できます。

OpenTelemetry Collector では、収集サイクルの概念は実際にはありませんが、レポート サイクルを構成することもできます。似たような概念がありますが、テレメトリの種類ごとにいくつかのバリエーションがあります。たとえば、定期的に、またはバッチがいっぱいになったときにトリガーできるバッチ プロセッサがありますが、これらのタイム サイクルはすべてのテレメトリ タイプに適用されるわけではありません。

New Relic のインジェスト エンドポイント (MELT、OTLP など) を使用して直接報告されたデータは、1 分もかからずに UI で利用できるようになりますが、データのクエリはすぐに実行できます。

レポート

インフラストラクチャー

サーバーレス

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: 🟡 限定的なサポート

OpenTelemetry サーバーレス機能のテレメトリは、カスタム ダッシュボードでレポート、保存、視覚化できます。このテレメトリの専用ビューはまだ利用できません。

アラート

New Relic エージェント: ✅ New Relic の OpenTelemetry: 🟡 限定的なサポート

NRQL で記述された条件を使用して、OpenTelemetry データのアラートを構成できます。グラフの「 ... 」メニューをクリックして開始します。

条件、違反、インシデント、および問題はすべて、どのエンティティに対しても機能します。

New Relic プラットフォーム

設定オプション

対応機種

詳細については、 OpenTelemetry サポート ポリシーをご覧ください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.