• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

NewRelicを使用したOpenTelemetryコレクターの概要

OpenTelemetryコレクターは、テレメトリデータを受信して処理してから、NewRelicまたは別の可観測性バックエンドにエクスポートするために実装できるコンポーネントです。アプリからNewRelicに直接データを送信する代わりに、最初に中央のコレクターにデータをルーティングできます。これにより、テレメトリ管理のオーバーヘッドがアプリから離れ、単一のコンポーネントに移動します。

ゲートウェイとしてのコレクターの例を次に示しますが、アプリケーションで実行されるエージェントまたは同じホストで実行されるエージェントとしてコレクターを設定することもできます。

コレクターを使用するのはいつですか?

多くの場合、コレクターはオプションのコンポーネントですが、さまざまな理由でコレクターが必要になる場合があります。

  • アプリをホストしているサーバーのCPU使用率をキャプチャするなど、インフラストラクチャに関する指標を収集します。
  • さまざまな形式(Jaeger、Prometheus、Fluent Bitなど)で信号を取り込みます。
  • 複数の可観測性バックエンドにデータを送信します。
  • 可観測性バックエンドにエクスポートする前に、メトリックを変換するか、スパンの名前を変更してください。
  • リソースを大量に消費するサービスを実行している場合は、ネットワークを介してデータを送信する作業をオフロードします。
  • 追加のメタデータを使用して、テレメトリ(メトリック、トレース、およびログ)を強化します。
  • OpenTelemetryがインストルメント化されたアプリをKubernetesメタデータにリンクします。

コレクターの仕組みについて学ぶ

コレクター内のプロセスの概要とデプロイメントオプションを取得するには、次のOpenTelemetryドキュメントを参照してください。

コレクターの設定方法

さまざまなオプションのヘルプについては、次のトピックを参照してください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.