• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

一般的なOpenTelemetryコレクター構成

コレクターのセットアップには、さまざまな一般的な構成を使用できます。

健康診断

ヘルスチェックは、コレクターの主要機能の拡張であり、コレクターが機能していることを確認します。

セットアップの詳細については、 health_check(GitHub)を参照してください。

有効にすると、localhost:13133を使用するローカルエンドポイントは次の応答を返します。

{
"status": "Server available",
"upSince": "2015-10-21T12:00:00.6847174Z",
"uptime": "50.0123456s"
}

環境変数

コレクター構成は、環境変数の使用と拡張をサポートします。例えば:

processors:
attributes/example:
actions:
- key: "${DB_KEY}"
action: "${OPERATION}"

プロキシサポート

net / httpパッケージを利用するエクスポーターは、次のプロキシ環境変数を尊重します。

  • HTTP_PROXY
  • HTTPS_PROXY
  • NO_PROXY

コレクターの起動時にこれらの環境変数が設定されている場合、プロトコルに関係なく、エクスポーターはトラフィックをプロキシします。

認証

HTTPまたはgRPCポートを公開しているほとんどのreceiversは、コレクターの認証メカニズムを使用して保護できます。HTTPまたはgRPCクライアントを使用しているほとんどのexportersは、送信リクエストに認証データを追加できます。

既知のオーセンティケーターのリストについては、OpenTelemetryWebサイトで入手可能なレジストリを使用してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.