• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

New Relicを使用したコレクター(基本設定)

テレメトリをアプリから New Relic に直接送信する代わりに、まず OpenTelemetry Collector に送信できます。コレクターを使用してテレメトリ データを処理し、それを New Relic (またはその他のバックエンド) にエクスポートできます。コレクターで実行できる処理の種類については、 概要を参照してください。

以下のDockerの例は、本番環境で使用する前に構成を拡張、カスタマイズ、および検証できる開始点として機能することを目的としています。

コレクターのセットアップは、NewRelicでOpenTelemetryをセットアップするより大きなプロセスの一部です。以下のコレクターの手順を実行する前に、 前述のセットアップ手順を完了していることを確認してください。前の手順を完了した場合は、次の例を使用してコレクターの使用を開始してください。これは、テレメトリソースをNewRelicにプッシュするための最小限の構成を示していることに注意してください。可観測性の要件に基づいて調整する必要があります。

  1. 以下をotel-config.yamlとして保存します:

    receivers:
    otlp:
    protocols:
    grpc:
    http:
    processors:
    batch:
    exporters:
    otlphttp:
    endpoint: ${OTEL_EXPORTER_OTLP_ENDPOINT}
    headers:
    api-key: ${NEW_RELIC_LICENSE_KEY}
    service:
    pipelines:
    traces:
    receivers: [otlp]
    processors: [batch]
    exporters: [otlphttp]
    metrics:
    receivers: [otlp]
    processors: [batch]
    exporters: [otlphttp]
    logs:
    receivers: [otlp]
    processors: [batch]
    exporters: [otlphttp]
  2. 次の変更を加えた後、OpenTelemetry Collector を実行します。

    • OTLP_ENDPOINT_HERE適切な エンドポイントに置き換えます。

    • YOUR_KEY_HEREをあなたの

      .

    bash
    $
    export OTEL_EXPORTER_OTLP_ENDPOINT=OTLP_ENDPOINT_HERE
    $
    export NEW_RELIC_LICENSE_KEY=YOUR_KEY_HERE
    $
    $
    docker run --rm \
    >
    -e OTEL_EXPORTER_OTLP_ENDPOINT \
    >
    -e NEW_RELIC_LICENSE_KEY \
    >
    -p 4317:4317 \
    >
    -p 4318:4318 \
    >
    -v "${PWD}/otel-config.yaml":/otel-config.yaml \
    >
    --name otelcol \
    >
    otel/opentelemetry-collector \
    >
    --config otel-config.yaml
  3. インストール手順を完了している場合は、 手順5に戻ります。NewRelicUIでデータを表示します

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.