• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

StatsD メトリクスのコレクター

OpenTelemetry コレクターを使用して StatsD メトリックを収集できます。コレクターは、テレメトリ データを収集、処理し、New Relic (または任意の可観測性バックエンド) にエクスポートする OpenTelemetry のコンポーネントです。

StatsD メトリクスを収集するには、以下の手順を実行します。

ステップ 1: 無料アカウントにサインアップします (まだサインアップしていない場合)。

ステップ 2: 前提条件

コレクターは StatsD レシーバー コンポーネントを使用します。構成されたエンドポイント (デフォルトではlocalhost:8125 ) をリッスンする権限が必要です。

ステップ 3: OpenTelemetry コレクターをインストールする

OpenTelemetry のドキュメントに従って、OpenTelemetry コレクターをダウンロードしてインストールします。

OpenTelemetry Collector Contrib Distro または少なくとも次のコンポーネントを含むその他のディストリビューションをインストールする必要があります。

ステップ 4: OpenTelemetry コレクターを構成する

以下の例から、 config.yaml という名前の新しいファイルを更新または作成します。

ファイル内の NEW_RELIC_LICENSE_KEY を独自の値に置き換えます。詳細については、 「New Relic ライセンス キー」を参照してください。

receivers:
statsd:
is_monotonic_counter: true
exporters:
otlphttp:
endpoint: https://otlp.nr-data.net
headers:
api-key: NEW_RELIC_LICENSE_KEY
service:
telemetry:
logs:
pipelines:
metrics:
receivers: [statsd]
exporters: [otlphttp]

その他の構成オプションについては、以下を参照してください。

ステップ 4: コレクターを実行する

OpenTelemetry コレクターを実行します (実行方法は、選択したインストール方法によって異なる場合があります)。例:

/usr/bin/otelcol-contrib --config ./config.yaml

ステップ 5: データを見つけて使用する

データの探索とクエリを実行する

コレクターは、StatsD メッセージを使用して取り込まれたメトリクスをレポートします。以下を確認してください。

statsd レシーバーによってレポートされるメトリクスをリストできます。

FROM Metric SELECT uniques(metricName) WHERE otel.library.name = 'otelcol/statsdreceiver' LIMIT MAX

トラブルシューティング

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.