• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

HCP Consul メトリクスを監視するためのコレクター

このガイドでは、OpenTelemetry コレクターを使用して HCP 管理の Consul デプロイメントからメトリクスを収集する方法について説明します。 コレクターはテレメトリーデータ (メトリクス、ログ、トレースを含む) を収集、処理し、New Relic を含むさまざまな観察バックエンドに送信します。

以下のセットアップ例では、コレクター内の Prometheus レシーバーを利用しています。 HCP Consul のサービス メトリクス APIからサービス メトリクスを直接取得し、New Relic の OpenTelemetry エンドポイントにエクスポートします。

HCP Consul は、2 種類のオブザーバビリティ メトリクスを提供します。

以下の手順に従って、HCP Consul メトリクスを収集して New Relic にエクスポートします。

要件を確認する

始める前に、次のものが必要です。

  • 実行中のdockerデーモンサービス

  • インストールされたDocker Composeツール

  • HCP Consul ACL 管理者トークン

  • データの報告先となるアカウントの New Relic

設定例をダウンロードまたは複製する

  1. 設定例をダウンロードします
  2. ダウンロードしたら、リポジトリのother-examples/collectorフォルダ内でhcp-consulという名前のディレクトリを見つけます。 このディレクトリには、HCP Consul メトリクスを収集するための特定の設定が含まれています。
  3. (オプション) HCP Consul の例に関連する追加の詳細と手順については、 READMEを参照してください。

環境変数を設定してコレクターを実行する

.envファイル内:

  • HCP アクセス トークンとアクセス URL の値を設定する

  • New Relic APIキー変数をNew Relicライセンスキーに設定します

    bash
    $
    # Open the HCP Consul example directory
    $
    cd newrelic-opentelemetry-examples/other-examples/collector/hcp-consul
    $
    $
    # Set environment variables.
    $
    $
    # run the collector in docker
    $
    docker compose up

    環境変数情報

    上記で設定した環境変数の詳細については、次の表のドキュメントを参照してください。

    変数

    説明

    ドキュメント

    NEW_RELIC_API_KEY

    New Relic インジェスト API キー

    APIキーについて学ぶ

    NEW_RELIC_OTLP_ENDPOINT

    デフォルトの US New Relic OTLP エンドポイントはhttps://otlp.nr-data.net:4318です。

    OTLP エンドポイントの設定を確認する

    HCP_ACCESS_TOKEN

    HCP Consul の ACL 管理者トークン

    ACL 管理者トークンを作成する

    HCP_ACCESS_URL

    特定の Consul サーバーにアクセスするための URL

    アクセス URL を見つけます

HCP Consul Envoy メトリクスを New Relic に転送する

New Relic で HCP Consul Envoy メトリクスを監視するには、HCP Consul クラスターに組み込まれた OpenTelemetry コレクターを設定して、メトリクスを独自のコレクターに転送します。 これには、この例で実行されているコレクターが含まれる場合があります。

  1. HTTP レシーバーを OpenTelemetry コレクターに追加します。 これをサンプルcollector.yamlファイルのreceiversグループに追加できます。

    receivers:
    otlp:
    protocols:
    http:

    これにより、 0.0.0.0:4318でリッスンする受信機が追加されます。

  2. Envoy メトリクスをこの受信者に転送するように HCP Consul クラスターを構成します。 これは、HCP Consul 設定ファイルのtelemetryCollectorスタンザから設定できます。 例えば:

    telemetryCollector:
    enabled: true
    customExporterConfig: |-
    {
    "exporter_config": {
    "otlphttp": {
    "endpoint": "0.0.0.0:4318",
    "headers": {
    "authorization": "<auth>"
    },
    "timeout": "2s"
    }
    }
    }

New Relic でデータを表示する

New Relic では、いくつかの異なる場所で HCP Consul データを表示できます。

  • New Relic マーケットプレイスに移動し、「consul」を検索します。 いずれかのダッシュボードをクリックすると、アカウントにすぐにインストールされます。

  • メトリクス エクスプローラーに移動し、Envoy メトリクスのconsulまたはenvoyをフィルタします。 このデータは、任意のカスタム アラートまたはダッシュボードに追加できます。

    ヒント

    この HCP Consul サーバーの統合で利用可能なすべてのメトリクスを表示するには、こちらのドキュメントを参照してください。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.