• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

OpenTelemetryの メトリクスNew Relic

OpenTelemetry 、次元メトリックスデータ モデル、メトリックス テレメトリーを記録するためのAPI 、メトリックス データを集約およびエクスポートするためのSDK を提供します。

このページでは、New Relic OpenTelemetryがNew Relic OTLP インターフェース 経由で受信した メトリックスをどのように処理するかについて説明します。OpenTelemetryメトリックスとNew Relicを統合するには、メトリックス ソースをこの エージェント にエクスポートするように構成する必要があります。 エージェント 設定の要件を確認してください。 OpenTelemetryメトリックスを使用したサービスの構成については、 OpenTelemetry APM監視」を参照してください。

計装の種類からメトリクスの種類まで マッピング

OpenTelemetryメトリクスAPIいくつかの計装の種類を定義します。 インストゥルメントされたレコード測定値は集約され、特定のメトリック タイプとして OTLP 経由でエクスポートされます。 以下の表は、各OpenTelemetryメーターが集計およびエクスポートする方法のデフォルトの動作を示しています。 で各メトリック タイプがどのように処理されるかの詳細については 、「OTLP メトリック マッピング」をNew Relic 参照してください。

計装の種類

使用例

デフォルトの集計

エクスポートされたメトリックスタイプ

Counter

処理されたバイト数

サム

Sumメトリクスis_monotonic=true

非同期カウンター

プロセス全体のCPU時間を観察する

サム

Sumメトリクスis_monotonic=true

UpDownCounter

キュー内のアイテム

サム

Sumメトリクスis_monotonic=false

非同期アップダウンカウンタ

現在のメモリ使用量を観察する

サム

Sumメトリクスis_monotonic=false

Histogram

httpリクエストの持続時間

明示的なバケットヒストグラム

Histogramメトリクス[1]

Gauge

CPUファン速度のイベントを変更する

最終値

Gauge メトリック

非同期ゲージ

現在の室温を観察する

最終値

Gauge メトリック

正しい計装タイプの選択の詳細については、 OpenTelemetryの補足ガイドラインを参照してください。

[1]ヒストグラム インストゥルメントされたは、指数ヒストグラムメトリックスに集約することもできます。 詳細については、OTLP ヒストグラム メトリックを参照してください。

OTLP メトリック マッピング

New Relic OTLP メトリックをMetric データ型にマッピングします。 以下の表は、Metriks proto メッセージのフィールドがどのように解釈されるかを示しています。 /SDK によってさまざまなメトリック タイプがどのように生成されるかの詳細については、「メトリック タイプへの計算の種類」 を参照してください。OpenTelemetryAPI

OTLPメトリクス原始体

New Relic Metricフィールド

ResourceMetrics.Resource.attributes

各キー値はMetricの属性である[1]

ScopeMetrics.InstrumentationScope.name

otel.library.name

ScopeMetrics.InstrumentationScope.version

otel.library.version

ScopeMetrics.InstrumentationScope.attributes

各キー値はMetricの属性である[1]

Metric.name

metricName

Metric.description

description

Metric.unit

unit

Metric.*.data_points.start_time_unix_nano

timestamp

Metric.*.data_points.time_unix_nano

endTimestamp

Metric.*.data_points.attributes

各キー値はMetricの属性である[1]

Metric.gauge.data_points

New Relic へのマップgauge

Metric.sum.data_points

New Relic countcumulativeCount 、またはgaugeにマップします

OTLP合計メトリクスを参照

Metric.histogram.data_points

New Relic へのマップdistribution

OTLPヒストグラムメトリクスを参照

Metric.exponential_histogram.data_points

New Relic へのマップdistribution

OTLPヒストグラムメトリクスを参照

Metric.summary.data_points

New Relic へのマップsummary

OTLPの概要を見る

[1] : リソース属性、スコープ属性、メトリクスポイント属性、および最上位のメトリクスフィールドで競合が発生した場合、優先順位(最高から最低)は次のようになります:最上位のMetric.*フィールド > Metric.*.data_points.attributes > ScopeMetrics.InstrumentationScope.attributes > ResourceMetrics.Resource.attributes

OTLP 合計メトリック

OTLP 合計メトリクスは、時間の経過に伴う測定値の合計を表します。 合計には、値が単調に増加するか (つまり、上昇のみ可能)、そうでないか (つまり、上昇と下降が可能) を示すaggregation_temporalityフィールドとis_monotonicフィールドが含まれます。 次の表は、New Relic がさまざまな合計の種類をどのように処理するかを示しています。

is_monotonic

aggregation_temporality

行動

true

cumulative

New Relic へのマップcumulativeCount

true

delta

New Relic へのマップcount

false

cumulative

New Relic へのマップgauge

false

delta

データが意味をなさないためサポートされていません。 詳細についてはこのディスカッションを参照してください。

OTLP ヒストグラム メトリック

OTLP ヒストグラム メトリクス指数ヒストグラム メトリクスは、測定値の分布を表す合計、カウント、最小、最大、バケットなどの情報を使用して測定値の集団を要約します。 ヒストグラムの種類 (明示的なバケット ヒストグラムとも呼ばれます) には、明示的な境界を持つバケットがあります。 指数関数型には、指数式で記述される境界を持つバケットがあります。 どちらの種類にも、集約時間フィールドが含まれています。

ヒストグラムの両方の種類は、内部の基数 2 の指数ヒストグラム表現によってサポートされるNew Relic distributionに変換されます。 この表現は、OpenTelemetry 指数ヒストグラム形式にほぼ一致しています。 このため、 New Relic指数ヒストグラムが優先されます (指数ヒストグラムを優先するように OTLP を構成する方法の詳細については、「メトリクス ミストグラム集計」を参照してください)。 OpenTelemetry の明示的なバケット ヒストグラムの種類は、線形補間を使用して指数表現に変換されます。 詳しい説明についてはNrSketchを参照してください。

負の無限大と正の無限大に境界を持つバケットは、New Relic ではゼロ幅のバケットとして表されます。 たとえば、境界が[-∞, 10)の OpenTelemetry バケットは、New Relic では[10, 10)として表されます。 その結果、ディストリビューションの最後に誇張されたバケット数が表示される場合があります。

OTLPサマリーメトリクス

OTLP サマリー メトリクスは、合計やカウントを含む一連の測定値を要約する点でヒストグラムに似ています。 ただし、ヒストグラムには測定値の分布を表すバケットが含まれますが、サマリーには分位数が含まれます。 これらの分位数は、空間的または時間的な再集約ができないため、用途が限られています。 レガシー サポート用の OpenTelemetry に含まれるサマリーと、OpenTelemetry API および SDK ではサマリーは生成されません。

要約は New Relic summaryに翻訳されます。

集約の時間性

OpenTelemetryの集計時間の概念は、特定の Metrics データ ポイントが累積的な測定値セット (通常はアプリケーションの開始以降) を集計するか、最後のエクスポート以降の測定値のデルタ セットを集計するかを定義します。 OTLP合計メトリクスヒストグラムメトリクスには、ポイントのセマンティクスを記述するaggregation_temporalityフィールドがあります。

累積的時間メトリックとデルタ時間メトリックの両方を受け入れますが、 New Relic一般的にデルタ時間メトリック システムであるため、ユーザーには OTLP エクスポーターを設定してデルタ時間メトリックを優先するように推奨します。

時間性が累積的である場合、メトリックはデルタ表現に変換されます(累積値はcumulativeCountに対して保持されます)。ステートフル変換を使用すると、同じシリーズの 2 つの連続する累積ポイントからデルタを計算するステートフル プロセスが実行されます。 Metric.*.data_points.start_time_unix_nanoはシリーズのリセットを検出するために使用されます。

模範となるサポート

OpenTelemetryメトリクスサンプルは現在New Relicではサポートされていません。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.