• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

VMware Tanzu 用 New Relic ノズル

New Relic Nozzle for VMware Tanzu は、 Loggregator Firehoseを介して、VMware Tanzu Diego セル上で実行されるすべての VMware Tanzu コンポーネントとアプリケーションによって生成されたメトリクスとイベントを収集します。ノズルはリモート ログ プロキシ (RLP) ゲートウェイ経由でデータを収集し、処理と視覚化のためにNew Relicにプッシュします。

概要

インストール後、ノズルは処理と視覚化のために Firehose イベントの収集と New Relic へのプッシュを開始します。New Relic は、Firehose イベント タイプに基づいてデータを整理し、各 Firehose イベント タイプを独自の個別のダッシュボードに表示します。

ノズルは、Ops Manager でタイルとしてインストールすることも、CLI コマンド cf push を使用して通常のアプリケーションとしてデプロイすることもできます。 その後、VMware Tanzu プログラムの健全性とパフォーマンスを監視し、VMware Tanzu Firehose から収集されたメトリックに基づいてを設定できます。

前提条件

VMware Tanzu 用 New Relic Nozzle には次の要件があります。

  • Pro または Pro Trial ライセンスを持つアクティブな New Relic アカウント。New Relic アカウントをまだお持ちでない場合は、 14 日間の無料試用ライセンスを取得できます。
  • New Relic Insights がライセンスに含まれています
  • VMware Tanzu バージョン v2.10.x ~ v5.0.x。

主な特徴

次のような VMware Tanzu コンポーネントの健全性およびパフォーマンス データを監視できます。

  • VMware Tanzu ドメイン
  • VMware Tanzu の導入
  • Firehose イベントの種類
  • 起源
  • ジョブ
  • コンポーネントのIPアドレス
  • アプリケーションの詳細
  • コンテナ

上記のいずれかのメトリクスの値のリストから項目を選択し、選択した値に基づいてダッシュボードをフィルタリングします。複数のメトリクスでダッシュボードをフィルタリングすることもできます。

イベントフィルタリング

多数のイベントが Firehose からストリーミングされる場合、Firehose によって生成された望ましくないイベントをフィルターで除外することが必要になる場合があります。Firehose イベント タイプ ( ValueMetricCounterEventContainerMetricHttpStartStopLogMessage ) のいずれかをキャプチャするためにノズルが必要な場合は、イベント タイプのカンマ区切りリストとしてイベント タイプを指定する必要があります。 "Selected Events"プロパティ。タイル設定の [詳細設定] タブにあります。

ノズルのバージョン 2.X 以降、 ContainerMetricCounterEvent 、およびValueMetricイベントが集約されます。イベントには、各メトリックのminmaxsumsample count 、およびlastの値が含まれます。これにより、ノズルによって作成されるイベントの数が減りますが、各メトリック タイプの詳細は引き続き提供されます。必要に応じて、LogMessage イベントのサブセットを含めたり除外したりするように LogMessage フィルターを構成します。

必要に応じて、LogMessage イベントのサブセットを含めるか除外するようにLogMessage Filtersを構成します。

フィルターの例

  • LogMessage Source Include Filter

    : このコンマまたはパイプで区切られたリストにソースが記載されているログメッセージのイベントのみを生成します。

  • LogMessage Source Exclude Filter

    : このコンマまたはパイプで区切られたリストにソースが記載されているログメッセージのイベントを生成しません。

  • LogMessage Message Include Filter

    : このコンマまたはパイプで区切られたリストにリストされているテキストを含むログメッセージのイベントのみを生成します。

  • LogMessage Message Exclude Filter

    : このコンマまたはパイプで区切られたリストにリストされているテキストを含むログメッセージのイベントを生成しません。

複数の LogMessage フィルターを組み合わせて、イベントの作成を制限できます。包含フィルターは除外フィルターの前に処理されます。

重要

Note: ノズルをアプリケーションとして実行する場合、アプリケーション マニフェスト ファイルで上記の環境変数を使用できます。

製品のスナップショット

次の表に、New Relic Nozzle for VMware Tanzu のバージョンとバージョン サポート情報を示します。

要素

詳細

タイルバージョン

2.9.0

発売日

2023 年 11 月 14 日

ソフトウェアコンポーネントのバージョン

New Relic Nozzle v2.9.0

互換性のある Ops Manager のバージョン

v2.9.x、v2.10.x、および v3.0.x

互換性のある VMware Tanzu Application Service for VM のバージョン

v2.10.x、v2.11.x、v2.12.x、v2.13.x、v3.0.x、v4.0.x、および v5.0.x

BOSH ステムセル バージョン

Ubuntu ジャミー

IaaSのサポート

AWS、GCP、Azure、vSphere

フィードバック

機能リクエスト、質問、またはバグに関する情報がある場合は、 githubで問題を送信してください。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.