• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

Cordova モバイル アプリを監視する

New Relic Cordova エージェントは、Cordova モバイル アプリを監視し、アプリのパフォーマンス、エラー、ユーザー エクスペリエンスに関する深い洞察を提供します。このエージェントには、ネイティブ モバイル アプリ向けに提供するすべての New Relic モバイル監視機能が含まれています。Cordova エージェントをインストールして構成すると、次のことができるようになります。

  • Capture JavaScript errors

    問題を迅速に特定して修正します。

  • Track network requests:

    アプリがバックエンドとどのように対話するかを確認します。

  • Use distributed tracing:

    処理された例外をドリルダウンして、根本原因を見つけます。

  • Create custom events and metrics:

    ユーザーがアプリをどのように操作するかを理解します。

互換性要件

Cordova エージェントをインストールする前に、アプリが次の要件を満たしていることを確認してください。

(推奨) ガイド付きインストール

Cordova エージェントをインストールするには、UI に直接ある ガイド付きインストールに従ってください。

手動インストール

エージェントを手動でインストールする必要がある場合は、次の手順に従います。

アプリケーショントークンを作成する

  1. one.newrelic.com > Browser & Mobile > (choose Android or iOS)

    に移動し、UI でインストゥルメンテーションの手順を完了します。

  2. UI の

    Step 4

    から、アプリケーション トークン (該当する場合、iOS と Android 用の 1 つ) をコピーします。

Cordova エージェントを追加する

Cordova プロジェクト ディレクトリで、コマンド ライン ツールを使用して Cordova エージェントをプロジェクトに追加し、アプリケーション トークンを --variable 引数に貼り付けます。

# Install from github repository
cordova plugin add https://github.com/newrelic/newrelic-cordova-plugin.git --variable IOS_APP_TOKEN="{ios-app-token}" --variable ANDROID_APP_TOKEN="{android-app-token}"

(オプション) エージェントを構成する

次のオプションの設定を --variable 引数に追加します。これにより、エージェントの起動時にそれらの設定が呼び出されます。

  • CRASH_REPORTING_ENABLED: クラッシュレポートを有効または無効にします。

    • 可能な値は truefalseです。デフォルトは trueです。
  • DISTRIBUTED_TRACING_ENABLED: ネットワークリクエストへの分散トレースヘッダーの追加を有効または無効にします。

    • 可能な値は truefalseです。デフォルトは trueです。
  • INTERACTION_TRACING_ENABLED: インタラクション トレースを有効または無効にします。トレース計測は引き続き行われますが、トレースは収集されません。これにより、デフォルトおよびカスタムのインタラクションが無効になります。

    • 可能な値は truefalseです。デフォルトは trueです。
  • DEFAULT_INTERACTIONS_ENABLED: デフォルトのインタラクションを有効または無効にします。トレース計測は引き続き行われますが、トレースは収集されません。これにより、カスタム インタラクションが有効になっている間のみ、デフォルト インタラクションが有効または無効になります。

    • 可能な値は truefalseです。デフォルトは trueです。
  • LOGGING_ENABLED: エージェントのログ記録を有効または無効にします。

    • 可能な値は truefalseです。デフォルトは trueです。
  • LOG_LEVEL:ログレベルを指定します。

    • 可能な値は、 ERROR (最も冗長でない)、 WARNING INFOVERBOSEDEBUGAUDIT (最も冗長な) です。
    • デフォルトは Android では INFO 、iOS では WARNING
  • WEB_VIEW_INSTRUMENTATION (iOS のみ): 自動 WKWebView インストルメンテーションを有効 (デフォルト) または無効にします。

    • 可能な値は truefalseです。デフォルトは trueです。
  • COLLECTOR_ADDRESS: 収集データのアップロード エンドポイントの URI 権限コンポーネントを指定します。

  • CRASH_COLLECTOR_ADDRESS: クラッシュ データ アップロード URI の権限コンポーネントを指定します。

  • FEDRAMP_ENABLED: 米国政府クライアントのさまざまなエンドポイントを使用してレポート データを有効または無効にします。

    • 可能な値は truefalseです。デフォルトは falseです。
  • OFFLINE_STORAGE_ENABLED: インターネット接続が利用できない場合、オフライン データ ストレージを有効または無効にします。

    • 可能な値は truefalseです。デフォルトは trueです。
  • NEW_EVENT_SYSTEM_ENABLED: iOS エージェント用の新しい、より安定したイベント システムの使用を有効または無効にします。

    • 可能な値は truefalseです。デフォルトは trueです。
  • BACKGROUND_REPORTING_ENABLED: アプリがバックグラウンドにあるときに、バックグラウンド イベント レポートを有効または無効にします。

    • 可能な値は truefalseです。デフォルトは falseです。

    これらのオプションは、Cordova エージェント v6.2.1 以降でのみ使用できます。

    たとえば、クラッシュ レポートを無効にする場合は、次を呼び出します。

    cordova plugin add https://github.com/newrelic/newrelic-cordova-plugin.git --variable IOS_APP_TOKEN="{ios-app-token}" --variable ANDROID_APP_TOKEN="{android-app-token}" --variable CRASH_REPORTING_ENABLED="false"

(Ionic Cordova のみ) Ionic フレームワークを構成する

ionic フレームワークを使用している場合は、これを Cordova プロジェクト ディレクトリに追加します。

bash
$
ionic cordova plugin add https://github.com/newrelic/newrelic-cordova-plugin.git --variable IOS_APP_TOKEN="{ios-app-token}" --variable ANDROID_APP_TOKEN="{android-app-token}"
$
$
npm install @awesome-cordova-plugins/newrelic

アプリケーション トークンを上記のコードのappToken = ""に貼り付けてください。ハイブリッド アプリを iOS と Android の両方のプラットフォームにデプロイした場合は、2 つの個別のトークン (iOS 用と Android 用) を追加する必要があります。

アプリをデプロイする

次に、アプリをデプロイします。アプリのアクティビティが完了すると、New Relic にデータが表示されるはずです (アプリのデプロイ後、数分かかる場合があります)。

エージェントのインストルメンテーションをカスタマイズする

エージェントのインストルメンテーションをカスタマイズする必要がありますか?パブリック モバイル SDK API メソッドを使用すると、カスタム データの収集、デフォルト設定の構成などが可能になります。

Cordova エージェントでは次のカスタマイズが可能です。

あなたがしたい場合は...

この方法を使用してください

ブレッドクラムを記録して、クラッシュのトラブルシューティングに役立つアプリのアクティビティを追跡します。

パン粉の記録

メソッドをインタラクションとして追跡します。

インタラクションを開始する

インタラクションを停止する

記録エラー

記録エラー

カスタムメトリクスの記録

カスタムメトリクスの記録

カスタム属性とイベントを記録します。

カスタム属性とイベントをレポートするには、いくつかの方法があります。

カスタム ネットワーク リクエストと障害を追跡します。

HTTPリクエストを追跡する

失敗したHTTPリクエストを追跡する

エージェントをシャットダウンします。

エージェントのシャットダウン

デフォルトのモバイル監視設定を有効/無効にします。

監視機能の有効化/無効化

テストクラッシュレポートを実行します。

テストクラッシュレポート

エージェントの更新

Cordova エージェントのバージョンを更新するには、次の簡単なコマンドを実行します。

cordova plugin update
Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.