• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

New Relic で Apache Flink ダッシュボードを取得する

Apache Flink ダッシュボードを使用すると、ログを簡単に追跡し、インストルメンテーション ソースを監視し、すべてのアプリケーション インスタンスのアップタイムとダウンタイムの概要を把握できます。インフラストラクチャ エージェントと Prometheus OpenMetrics の統合で構築された Flink ダッシュボードは、OpenMetrics エンドポイント スクレイピングを利用するため、最も重要なデータをすべて 1 か所で表示できます。

New Relic で Flink を設定すると、すぐにデータがこのようなダッシュボードに表示されます。

Prometheus OpenMetrics のインストールと構成

Flink データを New Relic に取り込む前に、まずインフラストラクチャ エージェントをインストールしてから、Prometheus OpenMetrics をインストールしてメトリクスを公開します。

Prometheus OpenMetrics をインストールしたら、 nri-prometheus-config.ymlファイルを構成する必要があります。構成ファイルは、 nri-prometheusリポジトリのスニペットと一致する必要があります。

integrations:
- name: nri-prometheus
    config:
    standalone: false
    # Defaults to true. When standalone is set to `false`, `nri-prometheus` requires an infrastructure agent to send data.
    emitters: infra-sdk
    # When running with infrastructure agent emitters will have to include infra-sdk
    cluster_name: "YOUR_CLUSTER_NAME_HERE"
    # Match the name of your cluster with the name seen in New Relic. 
    targets:
        - description: "YOUR_DESCRIPTION_HERE"
            urls: ["'job-cluster:9249', 'taskmanager1:9249', 'taskmanager2:9249'"]
            # tls_config:
                # ca_file_path: "/etc/etcd/etcd-client-ca.crt"
                # cert_file_path: "/etc/etcd/etcd-client.crt"
                # key_file_path: "/etc/etcd/etcd-client.key"
    verbose: false
    # Defaults to false. This determines whether or not the integration should run in verbose mode.
    audit: false
    # Defaults to false and does not include verbose mode. Audit mode logs the uncompressed data sent to New Relic and can lead to a high log volume.
    # scrape_timeout: "YOUR_TIMEOUT_DURATION"
    # `scrape_timeout` is not a mandatory configuration and defaults to 30s. The HTTP client timeout when fetching data from endpoints.
    scrape_duration: "5s"
    # worker_threads: 4
    # `worker_threads` is not a mandatory configuration and defaults to `4` for clusters with more than 400 endpoints. Slowly increase the worker thread until scrape time falls between the desired `scrape_duration`. Note: Increasing this value too much results in huge memory consumption if too many metrics are scraped at once.
    insecure_skip_verify: false
    # Defaults to false. Determins if the integration should skip TLS verification or not.
timeout: 10s

Prometheus OpenMetrics を使用して New Relic をインストール、統合、構成したら、ApacheFlink クイックスタートをインストールできます。New Relic でダッシュボードを見つけるには: one.newrelic.com > Dashboardsに移動し、 Apache Flinkを選択します。

インフラストラクチャ エージェントは Flink ダッシュボードにログを送信する必要がありますが、ログ転送を手動で設定する必要がある場合があります。これをする:

  • logging.ymlファイルに移動します。
  • 次のスニペットをファイルの任意の場所に追加します。
- name: flink-log
file: /home/flink-virtualbox/flink/build-target/log/flink_taskmanager.log
attributes:
logtype: flink-logs

次は何ですか?

Apache Flink ダッシュボードをさらにカスタマイズしたい場合は、NRQL クエリの作成と New Relic UI でのダッシュボードの管理について詳しく学ぶことができます。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.