• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

インフラストラクチャのアラート:ホストアラート情報を追加、編集、または表示します

New Relicのインフラストラクチャモニタリングを使用すると、NewRelicで現在モニタリングしているもののコンテキスト内でアラート条件を直接作成できます。

たとえば、 フィルタセットを監視していて問題に気付いた場合、アラートを直接作成でき、アラートから再作成する必要はありません。アラートを作成するには、フィルターセットをすぐに選択し、表示しているグラフからアラート条件を直接調整します。これにより、環境のアラートシステムをプロアクティブに管理および監視できます。アラート違反は、フィルターセット内のエンティティごとに作成されます。

インフラストラクチャエージェントでアラート状態を試してみませんか?New Relicアカウントを無料で作成しましょう!クレジットカードは必要ありません。

インフラストラクチャのアラート条件を作成する

アラート条件はアラートポリシーに適用されます。インフラストラクチャ監視UIから、既存のポリシーを選択するか、電子メール通知を使用して新しいポリシーを作成できます。他のタイプの通知チャネルを使用する場合は、アラートUI内から新しいポリシーを作成します。

重要

Infrastructure REST API には、アクティブな 無効化された条件の両方を含む、3,700 のアラート条件の制限があります。APIは、直接使用するかUIを介して使用するかにかかわらず、3,700のアラート条件の制限を超えて追加のアラート条件を追加するすべての要求を拒否します。

インフラストラクチャアラート条件をアラートポリシーに追加するには、次の手順に従います。

  1. one.newrelic.com >インフラストラクチャに移動し、次のインフラストラクチャ監視ページのいずれかを選択します: ホストプロセスネットワーク、またはストレージ。警告するチャートにマウスを合わせ、省略記号を選択しますアイコンをクリックし、[アラートの作成]を選択します。

  2. 意味のある条件名を入力します。

  3. アラートタイプを選択するか、 を参照して、選択するタイプを決定します。

  4. 個々のフィルターを作成するか、 フィルターセットからすべてのフィルターをコピーして、アラート条件で使用するホストを識別します。

    重要

    フィルターのルールについては、 フィルターセットロジック をご覧ください。

  5. クリティカル (必須)と ワーニング (利用可能な場合はオプション) アラート通知をトリガーするための閾値 を定義します。

  6. オプション:条件基準を事前に作成するが、現時点ではアラート通知を受信しないようにするには、 [有効]チェックボックスオプションをオフにします。

  7. 新しい条件の既存のポリシーを選択します。

    また

    新しいポリシーを作成し、アラート通知の電子メールを識別するオプションを選択します。

  8. オプション: RunbookのURLを追加します。

  9. オプション:違反の違反時間制限設定します(これはデフォルトで24時間です)。

  10. [作成]を選択します。

重要

クラウドインテグレーションサービスのアトリビュートをNew Relicが過去60分以内に受信していない場合、これを"サイレントアトリビュートと呼び、" 、UIでアラート条件として使用することはできません。このような状況では、 API を使用して、サイレントアトリビュートに対するアラート条件を作成することができます。

その他のインフラストラクチャアラート条件メソッド

これらの他の方法を使用して、インフラストラクチャアラート条件を作成することもできます。

ホストアラートイベントを表示する

ポリシーの通知チャネルに含まれる人は誰でも、アラート通知を直接受信します。さらに、New Relicアカウントの権限を持っている人は誰でも、ユーザーインターフェイスを介してインフラストラクチャアラートインシデントと個々の違反を表示できます。

  1. one.newrelic.com >インフラストラクチャ>**イベント**に移動します。
  2. ホストまたは時間枠を変更するには、検索ウィンドウ、フィルターセット、または時間関数を使用します。
  3. [イベント]リストから、アラート違反を選択します。
  4. 選択した違反 に関するアラートの詳細情報を表示するには、リンクを選択します。

ホストアラート情報を更新または削除する

ホストアラート情報を編集、無効化(または再度有効化)、または削除するには、次の手順に従います。

  1. one.newrelic.com > インフラストラクチャー> 設定> アラート.

  2. オプション:検索ウィンドウを使用するか、 [すべて選択]チェックボックスを使用して、1つ以上のアラート条件を見つけます。

  3. 利用可能な機能のいずれかを選択して

    編集、無効化、有効化、または

    選択した条件を削除します。

アラートを使用してインフラストラクチャ全体を監視する

Alertsは、すべてのNewRelic製品にまたがる単一の調整されたアラートツールを提供します。これにより、Dockerコンテナ、JVMなど、最も関心のあるエンティティのメトリックに焦点を当てたアラートポリシー条件を管理できます。

アラート機能

インフラストラクチャの機能

アラート条件

アラートに関する情報

アラートポリシー

表示、追加、変更、無効化、削除を行います。

通知チャネル

利用可能な通知オプションを表示、追加、変更、または削除するには:

  1. one.newrelic.com >インフラストラクチャ**>設定>アラート**に移動します。
  2. オプション:条件またはポリシー名を検索します。
  3. 条件のリストからポリシーリンクを選択して、アラートUIに通知チャネル情報を表示します。

説明を追加

Description フィールドの使用は、これらのアラート状態のタイプに利用できます。

  • NRQL条件: NerdGraphAPIを使用して説明を追加します。
  • インフラ条件:UIまたはREST APIを使用して説明を追加します。

アラート条件の[説明]フィールドに入力したテキストは、関連する違反と通知にダウンストリームで渡されます。説明は、次のようないくつかの目的に使用できます。

  • アラート状態の理由を把握する
  • 監視対象の信号を定義します。
  • 次のステップを定義します。
  • ダウンストリームシステムにメタデータを追加します。

テンプレート置換を使用して、関連する違反イベントの属性から値を挿入できます。テンプレートの形式は{{attributeName}}です。説明の作成時に使用できる属性については、違反イベントの属性を参照してください。

使用可能な属性の1つは、特別な{{tag.*}}属性です。この属性プレフィックスは、ターゲット信号に含まれているタグ値、またはターゲット信号に関連付けられているエンティティタグにアクセスするために使用されます。

違反に関連付けられているエンティティタグがある場合は、エンティティタグ名を使用してアクセスできます。この例は{{tag.aws.awsRegion}}です。エンティティタグを使用できる場合は、違反に含まれていることがわかり、インシデントの違反を表示すると表示されます。

このフィールドの最大文字サイズは4,000です。

RunbookのURLを追加または編集する

警告条件作成プロセス には、ランブックの説明書にURLを設定するオプションがあります。これにより、違反を処理するための情報や標準的な手順にリンクすることができます。リンクを追加または更新する前に、有効なURLを使用していることを確認してください。

警告条件のランブックURLを追加、更新、または削除するには、以下の手順に従います。

  1. アラート条件を選択し、 RunbookURLリンクを変更します。
  2. 条件を保存します。

保存されるためには、URLが有効なURLである必要があります。

違反の制限時間

違反時間制限では、違反が強制的に閉じられるまでの時間を定義することができます。デフォルトでは、違反の時間制限は24時間です。

アラート条件の違反時間制限を追加または更新するには:

  1. アラート条件を選択し、違反時間制限を変更します。
  2. 条件を保存します。

長すぎるNRQLクエリを生成する条件を警告する

インフラストラクチャ用に作成されたアラート条件は、舞台裏のNRQLクエリに依存しており、NRQLクエリには4096文字の制限があります。これは、条件が多くの要素(たとえば、多くのホストや多くのタグを含む)でフィルタリングする非常に複雑なNRQLクエリを生成する場合、この制限を超え、条件が失敗したことを示すエラーメッセージを表示することを意味します。

この問題を解決するには、アラート状態で使用している要素の数を減らします。例えば:

問題

解決

ホスト

  • 多数のホストを入力したために条件が満たされなかった場合は、ホストの数を減らしてください。
  • サブストリングを使用してホストをターゲットにします。たとえば、 prod-host-01prod-host-02 、およびprod-host-03をターゲットにする代わりに、名前にprod-host-0が含まれるすべてのホストをターゲットにします。

エンティティ

  • アラート条件を編集して、ターゲットにしようとしているエンティティに適用される特定の属性をターゲットにします。
  • 対象となるエンティティのカスタム属性を作成し、その属性をアラート条件に使用します。

詳細については、NewRelicのExplorersHub でインフラストラクチャアラートをフィルタリングするためのベストプラクティスを参照してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.