• ログイン

Infrastructureエージェントを更新する

Infrastructureエージェントを初めてインストールする必要がある場合は、LinuxWindows、または設定管理ツール用インストレーションドキュメントをご覧ください。

Infrastructureエージェントをアンインストールする必要がある場合、Infrastructureエージェントをアンインストールするをご覧ください。

Infrastructureエージェントバージョンの閲覧

当社のInfrastructureエージェントをお試しになりますか?New Relicアカウントの作成は無料です。クレジットカードは不要です。

Infrastructureエージェントは自動的には更新されません。エージェントを常に最新のバージョンに保つには、Infrastructureエージェントリリースノートをチェックしてください。

ホストの現在のInfrastructureエージェントバージョンを閲覧するには、以下のオプションのいずれかを使用してください。

  • one.newrelic.com > Infrastructure > 設定 > エージェント > エージェントのバージョンの順に進みます。
  • one.newrelic.com > Infrastructure > ホスト > (ホストを選択)の順に進みます。
  • SystemSampleのクエリを作成します。

パッケージマネージャを使用してインストールのエージェントをアップデート

デフォルトのインストレーションプロセスを使用した場合、パッケージマネージャを使用してプログラムとその依存ファイルを最新バージョンにアップデートします。以下は一般的なシステムの例です。

アシストインストールと手動のtarballインストール用のエージェントをアップデート

重要

自動化されたスクリプトがないため、アップデートの際に古いファイルが残る場合があります。古いファイルは手作業で削除してください。

エージェントをアップデートするには、ファイルをもう一度ダウンロードして、Linux用(アシストまたは手動)もしくはWindows用(アシストまたは手動) )のインストール手順に従います。これにより、古いインストールが上書きされます。

エージェントのコンテナ化されたバージョンの更新

latestラベルを使用して、Dockerイメージが自動的に更新されるようにします。

UIで、古いバージョンのエージェントを識別する

Infrastructureモニタリング UIを使用して、古いバージョンのエージェントを検索できます。

  1. one.newrelic.com > Infrastructure > インベントリ****に移動します。
  2. 検索バーにnewrelic-infraと入力します。
  3. グループのドロップダウンを選択すると、そのグループのエージェントバージョンが表示されます。

Infrastructureエージェントのバージョンを手動でチェックするには、サーバーにログオンしてnewrelic-infra --versionを実行する、またはお使いのパッケージマネージャに該当するコマンドを実行します。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.