• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

インフラストラクチャ・エージェントの動作

インフラストラクチャ・エージェントを使用すると、個々のサーバーを監視するだけでなく、サービス全体のパフォーマンスを把握することができます。このエージェントは、Amazon Linux、CentOS、Debian、RHEL、Ubuntuのほか、 Windows Server をサポートしています。これらのエージェントのバージョンはすべて、共通の動作を示します。

エージェントサービス

インフラストラクチャエージェント v1.5.59 の時点で、エージェントは newrelic-infra-service という名前のバイナリをバンドルしています。このバイナリは、OSのサービスマネージャで管理できます。

このバイナリは、サービスの起動時に、通常の newrelic-infra プロセスを生成(実行)し、その子プロセスの実行を監視します。そのため、OSのサービスマネージャを経由しない限り、エージェントサービスプロセスは決して再起動してはいけません。

エージェントの起動

起動時にエージェントは

  • シグナルハンドラーを登録します。
  • ロガーをセットします。
  • ファイル、環境変数、コール引数から設定を読み込みます。
  • 収穫インベントリ、サンプラー、統合のためのプラグインを登録します。
  • StatsDの統合 http_server_enabled" データを受信するためのhttpポート(デフォルトでは8001)を開く。

データを取得して送信するまでの起動時間は、通常6秒以下です。

モニタリングとリソースキャップ

デフォルトでは、インフラストラクチャエージェントは単一のコアで動作します。毎秒、送信すべきイベントがあるかどうかをチェックし、イベントがあれば New Relic collector に送信します。送信される可能性のあるイベントは以下の通りです。

デフォルトのインフラストラクチャイベントとその収集頻度については、 インフラストラクチャイベント を参照してください。

インテグレーションデータ

統合の監視は、(設定ファイルで設定された)所定の間隔で統合コマンドを実行し、その stout/err を読み取ることで行われます。有効にした統合が多ければ多いほど、エージェントのフットプリントは大きくなります。詳細については、特定のインテグレーションの ドキュメントを参照してください

エージェントのシャットダウン

シャットダウン信号を受信すると、エージェントは登録されているすべてのプラグインと統合プロセスを停止します。

メンテナンス

エージェントはサービスとして動作します。インストール時には、 systemD. サービスファイルなど、サービスマネージャに必要なファイルをすべて設定します。致命的な障害が発生した場合は、サービスマネージャーの設定により、エージェントを再起動します。

エージェントの自動更新はありません。新しいバージョンのエージェントをインストールするには

  • Linuxの場合適切なパッケージマネージャ(apt、yum、zypper)を使用してエージェントのバージョンを手動でインストールします。
  • Windowsです。 msi パッケージを手動でダウンロードし、 msiexec.exe でインストールします。
  • macOS:HomeBrewを使ってエージェントのバージョンを手動でインストールします。

リトライ動作

インジェストサービスへのリクエストが失敗した場合、ペイロードは廃棄されます。その後のリクエストは、成功するまで指数関数的なバックオフパターンに従います。インベントリについては、システムの状態間の差分をキャッシュファイルに保存します。障害が発生しても、これらのデルタは削除されず、後続のリクエストで再利用されます。

データレポートの管理

データの報告の設定については、 Manage data を参照してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.