• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

インフラストラクチャエージェントでコンテナを計画する

弊社の インフラストラクチャ エージェントは コンテナを自動的に監視します。コンテナ監視を使用すると、次のことが可能になります。

  • コンテナを タグ属性、その他のメタデータごとにグループ化します。
  • モニタリングシナリオに関連するコンテナを検索します。
  • コンテナの問題によって影響を受ける可能性のある関連団体へのリンク。
  • コンテナ関連のアラート条件を設定します。

要件

New Relic のインフラストラクチャ エージェントの自動コンテナ監視の要件の詳細:

重要

Control Group v2 を使用するオペレーティング システムのサポートは、インフラストラクチャ エージェント v.1.26.0 および nri-docker v1.7.0 から含まれています。

コンテナ監視を有効にする

要件を満たし、適切なインフラストラクチャエージェントがインストールされている場合は、コンテナ監視を有効にするための追加の手順はありません。 コンテナ ランタイムが実行中の場合、データは自動的に報告されます。

インフラストラクチャエージェントを含むコンテナ イメージを使用することもできます。 詳細については、 インフラストラクチャのモニタリングのための Containerを参照してください。

このドキュメントはインストールの役に立ちましたか?

コンテナデータを表示する

New Relic UI でコンテナ データを表示するには、次のオプションのいずれかを使用します。

詳しくは、 「データの照会」 をご覧ください。

コンテナの属性

コンテナ属性 (メトリクスとメタデータ) は、 ContainerSample イベントに付加されます。各コンテナー イメージに関連付けられているコンテナーの数を確認するクエリの例を次に示します。

SELECT uniqueCount(containerId) FROM ContainerSample FACET imageName SINCE 1 HOUR AGO TIMESERIES

すべてのContainerSample属性を表示するには、データディクショナリを使用します。属性は次のとおりです。

  • 一般的なメタデータ( containerIdnameimageなど)
  • CPUメトリック( cpuUsedCorescpuPercentcpuThrottleTimeMsなど)
  • メモリメトリック( memoryUsageBytesmemoryCacheBytesmemoryResidentSizeBytesなど)
  • ネットワーク指標( networkRxBytesnetworkRxDroppednetworkTxBytesなど)

コンテナのメトリクスも ProcessSample イベントに関連付けられます。

報告されるデータには、コンテナーオーケストレーター(ECSやKubernetesなど)に関連する情報は含まれていませ。それらを監視するために、オーケストレーターのクラスター名とタスク名をラベルとして追加できます。

アラート条件の設定

コンテナ関連のアラート条件を作成するには、次のオプションのいずれかを使用します。

  1. one.newrelic.com > All capabilities > Alerts に移動します。

    また

    one.newrelic.com > All capabilities > Infrastructure > Settings > Alertsに移動します。

  2. 新しい 警告条件を作成する

  3. 条件タイプとしてContainer metricsを選択します。

docker APIからコンテナ メトリクス コレクションを有効にする

nri- dockerインテグレーションは、デフォルトで、/proc ファイルシステムと組み合わせてdocker APIを使用して、コンテナー メトリクスを抽出します。 インフラストラクチャエージェントのバージョン v1.51.0 以降では、 docker APIからのみメトリックを取得するようにインテグレーションを再構成できます。

このdocker APIのみの収集戦略は、 docker Engine Cgroup がバージョン V2 で動作する場合にのみ適用されます。 docker APIのみのコレクションを強制するには、インテグレーション.dにあるdocker -config.yml設定ファイルを調整します。 ディレクトリは次のようになります。

integrations:
- name: nri-docker
env:
USE_DOCKER_API: true
when:
feature: docker_enabled
file_exists: /var/run/docker.sock
interval: 15s

ヒント

メトリクス ソース間のメトリクスのバリエーションについては、 ContainerSample属性で詳しく説明されています。

コンテナ監視の無効化

この機能を無効にするには、 integrations.d フォルダーから docker-config.yml 構成ファイルを削除するだけです。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.