• ログイン今すぐ開始

Infrastructureエージェントの互換性

Infrastructureエージェントをインストールする前に、設定するシステムとオンホストインテグレーションが要件を満たしていることを確認します。また、New Relicアカウントも必要です。無料サインアップクレジットカードは不要です。

プロセッサアーキテクチャー

Infrastructureエージェントは次のプロセッサアーキテクチャに対応しています。

  • Linux:x86プロセッサアーキテクチャ用の64ビット(64ビット版のパッケージマネージャーとその依存ファイルも必要)
  • Windows:x86プロセッサアーキテクチャ用の32ビットと64ビットの両方
  • ARMAWS Graviton 2プロセッサを含むarm64アーキテクチャは、互換性のあるLinuxオペレーティングシステムでサポートされています。オンホストインテグレーションもサポートされています(Oracleインテグレーションを除く)。
  • macOS: 64ビットx86プロセッサ(ARMプロセッサはまだサポートされていません)。

オペレーティングシステム

Infrastructureエージェントは、メーカーの製品寿命までこれらのオペレーティングシステムをサポートします。

オペレーティングシステム

Infrastructureエージェントのサポート対象

amazon linux.png

Amazon Linux 2、Amazon Linux 2022(プレビュー)

すべてのバージョン

centos icon

CentOS

バージョン7以降

Debian.png

Debian

バージョン9(「Stretch」)以降

Docker icon

Docker

Docker 1.12以降

Kubernetes icon

Kubernetes

バージョン1.16~1.22でテストを実施

redhat icon

Red Hat Enterprise Linux(RHEL)

バージョン7以降

Oracle icon

Oracle Linux

バージョン7以降

suse icon

SUSE Linux Enterprise Server(SLES)

バージョン11.4、12.1、12.2、12.3、12.4、12.5、15、15.1、15.2、15.3

ubuntu icon

Ubuntu

LTSバージョン 16.04.x、18.04.x、20.04.x、22.04.x 中間リリース20.10、21.04。

Windows Server icon

Windows

Windows Server 2012、2016、2019、2022およびサービスパック

Windows 10とそのサービスパック。

macOS icon

macOS

10.15(Catalina)、11(Big Sur)、12(Monterey)。

Amazon BottleRocketワークロードを監視することもできます。

固有ホスト名

Infrastructureエージェントは、ホスト名を使用して各サーバーを一意に識別しています。単一のホスト名に複数のサーバーが集約されることでメトリクスが不正確になるのを避けるため、モニタリング対象の各サーバーに固有のホスト名が設定されていることを確認してください。

  • オプションのdisplay_name設定を使用して、デフォルトのホスト名を上書きしてください。
  • localhostという名前のサーバーは、デフォルト名であり、本質的に固有ではないため、レポートされません。

アクセス権限

Infrastructureエージェントには以下の権限が必要です。

ライブラリ

エージェントのバージョン1.1.19以降では、Infrastructureをインストールするためにlibcapライブラリが必要です。これは、ディストリビューションの公式リポジトリにあります。

ネットワークアクセス

New Relicにデータをレポートするため、Infrastructureエージェントは特定のドメインとポートへの送信アクセス権限が必要です。お使いのシステムが、これらのドメインへの接続のためにプロキシを必要とする場合は、proxy設定を使用してください。

コンテナソフトウェア

Infrastructureエージェントは、ホストサーバー上にインストールされた場合、Dockerコンテナをインストゥルメントします。Infrastructureエージェントは、Dockerバージョン1.12以降に対応しています。

CPU、メモリ、ディスク使用量

Infrastructureエージェントはかなり軽量です。一般的な CPU、メモリ、ディスク使用量については、エージェントのパフォーマンスオーバーヘッドをご覧ください。サポートされるファイルシステムの詳細については、「ストレージのサンプル属性」をご覧ください。

設定管理ツール

Infrastructureエージェントは、いくつかの設定管理とディプロイツールを使用して、プログラミングでディプロイできます。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。