• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

Ansibleによるインフラストラクチャエージェントの設定

New Relic の Ansible ロールを使用すると 、New Relic CLI および New Relic Open Installation リポジトリを使用して New Relic Observability の取り組みを拡張できます。Ansible の使用方法については、 Ansible のドキュメントを参照してください。これは コミュニティの支援による 取り組みです。

Ansibleを使ってインフラストラクチャエージェントを設定してみませんか? New Relicアカウントを作成してください 無料でご利用いただけます。クレジットカードは必要ありません。

重要

このロールは常に New Relic エージェントの最新リリース バージョンをインストールし、古いバージョンのインストールはサポートしません。

サンプルコード

New Relic 、多くの Ops チームで共通するワークフローとツールを使用してインフラストラクチャエージェントをインストールできるように、設定管理のサンプル コードを提供しています。 これは基本的な Ansible ロールであり、独自のカスタマイズされたワークフローを作成するための出発点として使用することを目的としています。

構成は、特定のセットアップと標準によって異なります。Ansible サンプル ロールとその他の統合情報を表示するには、 Ansible Galaxy ドキュメント を参照してください。

互換性と要件

New Relicのインフラストラクチャエージェントを使用した Ansible ロールには、 サポートされている OSが必要です。

Windows OS 用の Ansible に関するヘルプが必要な場合は、 Ansible ドキュメントサイトの 「Windows ホストのセットアップ」 を参照してください。

このロールは、Ansible Core 2.13、2.14、および Python 3.10 でテストされています。Ansible Core 2.10 より前のバージョンはサポートされていません。

AnsibleによるNew Relicのセットアップ

インストール

アンシブルギャラクシー

ギャラクシーへのリンク

bash
$
ansible-galaxy install newrelic.newrelic_install

ansible.windowsansible.utils がまだインストールされていない場合は、インストールされていることを確認します。

bash
$
ansible-galaxy collection install ansible.windows ansible.utils

手動

ロールのローカル コピーを使用する場合は、リポジトリのクローンを作成し、プロジェクト ルートで make を実行してこのリポジトリを ~/.ansible/roles/newrelic.newrelic_installにコピーします。これにより、ロールが Galaxy からインストールされたかのように動作できるようになります。

はじめに

ロール newrelic.newrelic_installの使用を開始するには:

  1. その役割をプレイブックに盛り込む。
  2. 必要な変数をカスタマイズします。

インストール後、新規または既存のハンドブックに newrelic.newrelic_install ロールを含めます。インフラストラクチャ エージェントをインストールするようにロールを構成する例を次に示します。

---
- name: Install New Relic
hosts: all
roles:
- role: newrelic.newrelic_install
vars:
targets:
- infrastructure
- logs
tags:
foo: bar
environment:
NEW_RELIC_API_KEY: <API key>
NEW_RELIC_ACCOUNT_ID: <Account ID>
NEW_RELIC_REGION: <Region>

役割の設定変数

newrelic.newrelic_installロールの構成に使用できる変数は次のとおりです。

変数

必要とされている

説明

targets

必須

ホスト上で実行する対象のインストールのリスト。利用可能なオプションは次のとおりです。

  • infrastructure (Linux および Windows)
  • logs (Linux および Windows)
  • apm-php (Linux)
  • apm-nodejs (Linux)
  • apm-dotnet (Linux および Windows)
  • apm-java (Linux)
  • apache (Linux)
  • mssql (ウィンドウズ)
  • mysql (Linux)
  • nginx (Linux)

tags

オプション

インストールに渡されるタグのキーと値のペア。

install_timeout_seconds

オプション

インストールタスクのタイムアウトを設定します。デフォルトのタイムアウトである 600 秒をオーバーライドします。

verbosity

オプション

インストールの詳細オプション (debug または trace) は、ホスト上のログ ファイルに詳細な出力を書き込みます。

初期設定

defaults/main.ymlで設定します。

  • cli_install_url
  • cli_install_download_location
  • target_name_map
  • verbosity_on_log_file_path_linux
  • verbosity_on_log_file_path_windows
  • default_install_timeout_seconds

環境変数

値は、ハンドブックの environment キーワードで設定されます。

  • NEW_RELIC_API_KEY (必要)
  • NEW_RELIC_ACCOUNT_ID (必要)
  • NEW_RELIC_REGION (オプション: 'US' または 'EU'、デフォルトは 'US')

さらに、オプションの HTTPS_PROXY 変数を設定して、インストールのプロキシを有効にすることができます。

詳細については、 ansible のリモート環境 を参照してください。

重要な注意点

  • logs ターゲットには infrastructureが必要であり、 infrastructureを指定せずに logs を指定するとエラーがスローされます。

  • apm-nodejsエージェントのインストールは、 PM2によって管理されるアプリでのみサポートされます。npmyarnなどのパッケージ マネージャーを使用するか、他のインストール パスを介してエージェントをインストールするには、ドキュメントを参照してください。

  • Windows の apm-dotnet エージェントのインストールは、 IISによってホストされるアプリでのみサポートされます。Linux インストールは、 systemd サービスとして実行される .NET アプリケーションでのみサポートされます。

  • apm-java エージェントのインストールは、Tomcat、Wildfly/Jboss、Jetty (スタンドアロン) で実行される Java をサポートします。

  • 次の統合では、インフラストラクチャ エージェントをインストールする必要があります。

    • apm-java
    • apache
    • mssql
    • mysql
    • nginx

追加のサンプル プレイブック

- name: Install New Relic
hosts: all
roles:
- role: newrelic.newrelic_install
vars:
targets:
- infrastructure
- logs
- apm-php
tags:
foo: bar
install_timeout_seconds: 1000
verbosity: debug
environment:
NEW_RELIC_API_KEY: <API key>
NEW_RELIC_ACCOUNT_ID: <Account ID>
NEW_RELIC_REGION: <Region>
NEW_RELIC_APPLICATION_NAME: "My Application"
HTTPS_PROXY: "http://my.proxy:8888"
Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.