• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Puppetによるインフラストラクチャエージェントの設定

Puppetを使用して、 newrelic-infraモジュールを使用してNewRelicのインフラストラクチャエージェントをインストールおよび構成する方法を学習するために読んでください。 Puppetの使用方法の説明については、 Puppetのドキュメントを参照してください。これはコミュニティが支援する取り組みです。

ここでは、この構成管理ツールを使用するために必要な基本情報を提供します。詳細な設定については、貴社の規格に準拠する必要があります。

要件

Infrastructure Puppetモジュールには次のような要件があります。

  • Puppet Enterprise 2021.5.x、2021.4.x、2021.3.x、2021.2.x、2021.1.x、2021.0.x、2019.8.x、2019.7.x、2019.5.x、2019.4.x、2019.3.x、2019.2.x、 2019.1.x、2019.0.x、2018.1.x、2017.3.x、2017.2.x、2017.1.x、2016.5.x、2016.4.x
  • Puppet4.0.0以上および8.0.0未満
  • Debian、CentOS、OpenSUSE、RedHat、SLES、Ubuntu、Windows、Amazon Linux

モジュールの説明

newrelic-infraモジュールを使用して次のことを行います。

  • New Relicのインフラストラクチャエージェントパッケージのリポジトリソースを追加します。
  • New Relic のインフラストラクチャエージェントをインストール、設定、管理することができます。

New Relic Puppet モジュールは、 Puppet Forge で利用可能です。

newrelic-infraモジュールを実行します

デフォルトのnewrelic-infraモジュールを実行するには、メインの::agentクラスを宣言します。

モジュールを使ってインフラストラクチャ・エージェントをインストールします。

newrelic-infraとのすべての対話は、メインのagentクラスを介して行われます。

Puppetを使ってNew Relicのインフラストラクチャエージェントをインストールするには、次のようにします。

class { 'newrelic_infra::agent':
ensure => 'latest',
license_key => 'YOUR_LICENSE_KEY',
}

パペットのパラメータ

newrelic_infra::agentパブリッククラスのパラメータは次のとおりです。

パラメータ

パラメータの説明

custom_configs

キーと値のペアのハッシュです。利用可能な 一般的な構成設定 に直接対応しています。

ensure

インフラストラクチャエージェントの確保状況を指定します。

有効な値には、次が含まれます:

  • 'latest' -(デフォルト)最新のエージェントバージョンをインストールします
  • 'absent' -エージェントをアンインストールします
  • VERSION_STRING -ピン留めする特定のバージョンを含む文字列

license_key

使用する New Relic ライセンスキー を指定します。

さらにヘルプが必要

さらにサポートが必要な場合は、 newrelic/infrastructure-agent-puppet on GitHub で課題を提出してください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.