• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

Infrastructureモニタリングホストページ

ホストページを使用して、リソース使用やネットワーク、プロセスのパフォーマンス、コンテナについてのデータなど、重要なパフォーマンスメトリックスについて理解してください。属性でホストをフィルタリングし、そのパフォーマンスをインベントリ変更イベントと比較して、根本原因を判別できます。また、アラート通知を設定し、問題が発生しないようにすることもできます。

ホスト情報を表示するには、one.newrelic.com > Infrastructure > Hostsの順に移動し、次のタブのいずれかをクリックします。

  • システム: ホストのパフォーマンスの概要
  • ネットワーク:ネットワークインタフェースについての帯域幅とエラーのデータ
  • プロセス:個別のプロセスやプロセスのグループのCPUの使用率やI/Oバイト数、メモリ使用率などのデータ
  • ストレージ:デバイス全体の使用率やディスク使用率、I/O動作を含む、リソースの容量と効率
  • Dockerコンテナ:個別のコンテナやコンテナのグループのCPUの使用率やI/Oバイト数、メモリ使用率

システムタブ

これが、ホストページで表示されるデフォルトのグラフになります。追加のチャートオプションに関しては、任意のチャートについてドロップダウン を選択します。

  • CPU %: システムタブのCPU使用率は、SystemSampleイベントの一部である派生メトリックです。CPU使用率は、New Relicによって収集されておらず、他の複数のメトリクスから派生したものです。具体的に言うと、cpuPercent属性はcpuUserPercentcpuSystemPercentcpuIoWaitPercent、そしてcpuStealPercentを集約したものです。
  • 負荷平均値は5分間: 過去5分間において、システム上での作業を待っているタスクの平均数を表しています。
  • メモリ空き容量%:空きメモリのバイト数と使用メモリのバイト数を比較します。

異なるチャートメトリクスの解説に関しては、デフォルトのInfrastructure属性とイベントを参照してください。

チャートデータを調整する関数には、以下が含まれます:

  • 異なるホストグループを選択: ホストフィルタを使用。
  • 時間範囲を変更: チャート上のタイムピッカーを使用するか、時間範囲をチャート上にドラッグします。
  • チャートの要素数を変更: チャート表示ドロップダウンを使用します。
  • ホストの順序付けに使用するデータの変更: チャート下のテーブルを使用して、異なるメトリクスごとにチャート要素を順序付けます。例:最大から最低CPU user %、または最低から最大のDisk free

システムタブの機能

システムタブを使用して行えることは次のとおりです:

以下を行う場合...

操作...

ホストのフィルタリングおよびグループ化

フィルター設定を使用して一定の基準にマッチするホストのみを表示するか、グルーブごとを使用して結果を集約します。

ホストの健全性を把握する

テーブルの健全性カラムを使用します。具体的な違反の詳細を確認するには、健全性ステータスアイコンを選択してください。

問題の根本原因を見つける

ページ上部のイベントヒートマップを使用して、御社のインフラで起きている重要なイベントとのパフォーマンス比較を行います。詳しくは、イベントヒートマップを参照してください。

メトリックのアラート条件を設定する

チャート上にカーソルを合わせて、 を選択してからアラートを作成します。

ホストのアラート閾値違反を表示する

表示されている場合は、ホストの重要 アイコンまたは警告 アイコンを選択します。

APMとInfrastructureのデータ

ご利用のInfrastructureデータと関連のあるデータがある場合、複数の方法でホストページからAPMデータにアクセスできます:

  • ホストフィルターを使用して、特定のアプリケーションを実行中のホストをフィルタリングします。
  • チャート下のホストリストから、アプリケーションカラムを選択して具体的なアプリケーションをフィルタリングします。
  • チャート名横のチャートセレクタードロップダウンから、アプリケーション関連のチャートを1つ選択します。

重要

InfrastructureモニタリングのAPMチャートには、他のInfrastructureチャートのようにクエリを表示するアラートを作成するオプションがありません。

APMとInfrastructureモニタリングの併用の詳細に関しては、InfrastructureのAPMデータを参照してください。

ネットワークタブ

ネットワークページでは、個別のホストやウェブサーバー、ネットワーク全体のその他のリソースのグループの健全性とパフォーマンスがリアルタイムに可視化されます。デフォルトのチャートには、パケットごとの帯域幅メトリックス、バイト数ごとの帯域幅、1秒当たりのエラーが表示されます。

個別のインタフェースの詳細は、次のことに役立ちます:

  • ネットワーク全体で、または選択したフィルタセットについて、飽和レベルを検証する。
  • 特定のリソースの間のロードバランスを比較する。
  • 同様のホスト間の容量パターンの想定外の違いを特定する。
  • 選択した期間について、New Relicが自動的に示すネットワークエラーの上位5つを評価します。

このリアルタイムのネットワークデータは、購入の決定を行う必要が生じる前に、ネットワークの再構成を行う、またはロードのリバランスを行う、その他の予防保守措置を講じることでエラーを解消するかどうかの決定に役立ちます。

ネットワークタブから、ネットワークインタフェースについての帯域幅やエラーデータを表示できます。ネットワークページには、イベントヒートマップが含まれます。ヒートマップには、表示されたメトリックスと同じ期間内に発生するイベントのスナップショットが表示されます。

ネットワークページのチャートの入力に使用した属性の技術的な説明については、NetworkSample属性を参照してください。

ネットワークタブの機能

ネットワークタブを使用して行えることは次のとおりです:

以下を行う場合...

操作...

フィルターとグループ

フィルター設定を使用して一定の基準にマッチするホストのみを表示するか、グルーブごとを使用して結果を集約します。

期間を選択

タイムピッカーを使用して、選択した期間を変更します。チャートをクリックしドラッグして、カスタムの期間を選択することもできます。期間を選択すると、あるInfrastructureページから別のページに移動した際に引き継がれます。

チャートに表示されたメトリックスを変更

並び替えドロップダウンを使用して、次のものを含む、選択したプロセスグループ分けについてチャートが表示しているメトリックに切り替えます。

  • Received Bytes
  • Received Dropped
  • Received Errors
  • Received Packets
  • Transmitted Bytes
  • Transmitted Dropped
  • Transmitted Errors
  • Transmitted Packets

リストを検索して絞り込む

検索インタフェース検索バーに入力し、入力したテキストを含むアイテムのみにリストを絞り込みます。

リストのアイテムまたは絞り込みたいユーザー名を選択して、リストを絞り込むこともできます。選択したフィルターは、チャートの上のフィルターアイコンの横に表示されます。

アイテムをチャートに追加

デフォルトでは、チャートには上位5つの結果が表示されます。チャートを使用では、さらに結果を表示するためのドロップダウンが表示されます。チャートからアイテムを削除するには、チャートの下にあるアイテムの名前を選択します。

メトリックのアラート条件を設定する

チャート上にカーソルを合わせて、 を選択してからアラートを作成します。(APMチャートでは使用できません。)

ホストのアラート閾値違反を表示する

ホストの重要 アイコンまたは警告 を選択します。

プロセスタブ

重要

デフォルトでは、Infrastructureエージェントは、オペレーティングシステムのプロセスについてのデータは送信しません。プロセスデータの送信を有効にするには、enable_process_metricstrueに設定します。どのプロセスをモニターするかを微調整するには、include_matching_metricsを設定します。

プロセスタブを使用して、ホストで実行しているプロセスについての情報を取得し、プロセスメトリックスでアラートを設定します。プロセスタブには、個別のプロセスやプロセスのグループのCPUの使用率やI/Oバイト数、 メモリ使用率などのデータが表示されます。

このページには、イベントヒートマップも含まれます。ヒートマップには、表示されたメトリックスと同じ期間内に発生するイベントのスナップショットが表示されます。この情報を使用して、次のことを行います:

  • パフォーマンス問題の原因となっているプロセスを正確に突き止める。
  • CPUの使用率やメモリ使用率などの条件のアラートを作成する。

プロセスページでは、CPUの使用率はホストではなく個別のプロセスに限定されます。このため、CPUの使用率のメトリックでは、システム全体のリソースは考慮されません。各プロセスが1つのCPUコアのうちどの程度を使用しているかが表示されます。

問題を正確に突き止め、アラートを設定する方法の例は次のとおりです:

  1. クラスタのCPUの使用率が通常よりはるかに高いホストページがあることが分かりました。
  2. プロセスページに移動し、そのクラスタのプロセスに絞り込みます。
  3. 同じプロセスのいくつかのインスタンスで、CPU使用率が高くなっていることが分かりました。
  4. 問題を解決した後、そのプロセスタイプのCPUの使用率が特定の閾値を超えた場合に起動するアラート条件を作成することにしました。

プロセスページのチャートの入力に使用した属性の技術的な説明については、ProcessSample属性を参照してください。

ヒント

UIからプロセスを起動または停止、再起動することはできません。標準の手順に従い、Infrastructureエージェントを手動で起動または停止、チェック、再起動してください。

プロセスタブの機能

プロセスタブを使用して行えることは次のとおりです:

以下を行う場合...

操作...

特定の基準に一致するホストのみを表示する

フィルターセットを使用します。

ホスト属性ごとに結果を集計またはグループ分けする

グループごとを使用して、チャートとリストでプロセスをグループ分けする方法を変更します。ドロップダウンには、hostIDentityNameなどのホスト関連の属性が含まれます。AWS EC2インスタンスを監視している場合、awsRegionなどのEC2関連の属性を使用できます。

期間を選択

次のいずれかのオプションを使用します:

  • ページの上にあるタイムピッカーオプションのいずれかを選択します。

  • チャートをクリックしドラッグして、カスタムの期間を選択します。

    期間を選択すると、その期間はあるInfrastructureページから別のページに移動した際に引き継がれます。

Dockerメトリックスを表示

Dockerコンテナごとのプロセス使用を表示するには、Dockerインストゥルメンテーションを参照してください。

チャートを変更

チャート名の横にあるドロップダウンを選択し、どのメトリックをチャートに表示するかを切り替えます。次のものが選択できます:

  • Memory: 常駐または仮想サイズ
  • CPU percentage
  • Disk I/O:読み出しまたは書き込み

リストを検索して絞り込む

次のいずれかのオプションを使用します:

  • プロセスを検索検索バーに入力します。

  • 絞り込むリストアイテムまたはユーザー名を選択します。

    選択したフィルターが、チャートの上のフィルターアイコンの横に表示され、そこで必要に応じてフィルターを選択、削除できます。

メトリックのアラート条件を設定する

チャートの上にカーソルを合わせます。 を選択してから、アラートを作成します。(APMチャートでは使用できません。)

ホストのアラート閾値違反を表示する

ホストの重要 アイコンまたは警告 を選択します。

ストレージタブ

ストレージページを使用して、デバイス全体の使用やディスク使用量、I/O操作を含むリソースの容量と効率をモニターできます。これにより、次のことを行えます:

  • 例として、I/Oタスクを一律に処理しないミラーリングされたマシンのクラスタなど、想定外のパターンを検証する。
  • ディスクスペースが完全になくなる前に、使用レベルを監視する。
  • アラート条件を設定し、1つ以上のホストでの問題について通知する。例:読み出しまたは書き込み操作の処理時間が長い、使用率やバイト数に基づくディスクの可用性や使用率など。
  • 処理要求が通常より高いまたは低いホストをどこに再分散するかについて、情報に基づいた決定を行う。
  • データを使用して、緊急事態が発生する前に、インフラストラクチャ予算の追加または変更の計画を作成する。

ストレージページには、イベントヒートマップが含まれます。ヒートマップには、表示されたメトリックスと同じ期間内に発生するイベントのスナップショットが表示されます。

ストレージページのチャートの入力に使用した属性の技術的な説明については、StorageSample属性を参照してください。

ストレージタブの機能

ストレージタブを使用して行えることは次のとおりです:

以下を行う場合...

操作...

フィルターとグループ

フィルター設定を使用して一定の基準にマッチするホストのみを表示するか、グルーブごとを使用して結果を集約します。

期間を選択

右上のタイムピッカーを使用して、選択した期間を変更します。チャートをクリックしドラッグして、カスタムの期間を選択することもできます。期間を選択すると、あるInfrastructureページから別のページに移動した際に引き継がれます。

チャートに表示されたメトリックスを変更

並び替えドロップダウンを使用して、選択したプロセスグループ分けについてチャートが表示しているメトリックに切り替えます。次のものが選択できます:

  • Total Utilization %
  • Read Utilization %
  • Write Utilization %
  • Disk Used Bytes
  • Disk Free Bytes
  • I/O Read Operations
  • I/O Write Operations

リストを検索して絞り込む

デバイスを検索検索バーに入力し、リストを絞り込みます。

リストのアイテムまたは絞り込みたいユーザー名を選択して、リストを絞り込むこともできます。選択したフィルターは、チャートの上のフィルターアイコンの横に表示されます。

チャートアイテムを追加/削除

デフォルトでは、チャートには上位5つの結果が表示されます。チャートを使用では、さらに結果を表示するためのドロップダウンが表示されます。アイテムを削除するには、チャートの下にあるアイテムの名前を選択します。

メトリックのアラート条件を設定する

チャートの上にカーソルを合わせます。 を選択してから、アラートを作成します。(APMチャートでは使用できません。)

ホストのアラート閾値違反を表示する

ホストの重要 アイコンまたは警告 を選択します。

Dockerコンテナタブ

Dockerコンテナタブを使用して、ホストで実行しているコンテナについての情報を取得し、コンテナのメトリックスについてのアラートを設定します。Dockerコンテナタブには、個別のコンテナまたはコンテナのグループのCPU使用率やI/Oバイト数、メモリ使用率などのデータが表示されます。

このページには、イベントヒートマップも含まれます。ヒートマップには、表示されたメトリックスと同じ期間内に発生するイベントのスナップショットが表示されます。この情報を使用して、次のことを行います:

  • パフォーマンスの問題のあるコンテナを特定します。
  • CPUの使用率やメモリ使用率などの条件のアラートを作成する。

Dockerコンテナタブの機能

Dockerコンテナタブを使用して行えることは次のとおりです:

以下を行う場合...

操作...

特定の基準に一致するホストのみを表示する

フィルターセットを使用します。

ホスト属性ごとに結果を集計またはグループ分けする

グループごとを使用して、チャートとリストでプロセスをグループ分けする方法を変更します。ドロップダウンには、imageoperatingSystemなど、ホスト関連の属性が含まれます。

期間を選択

次のいずれかのオプションを使用します:

  • ページの上にあるタイムピッカーオプションのいずれかを選択します。

  • チャートをクリックしドラッグして、カスタムの期間を選択します。

    期間を選択すると、その期間はあるInfrastructureページから別のページに移動した際に引き継がれます。

Dockerインテグレーションダッシュボードを表示

Dockerインテグレーションダッシュボードを開くには、表の上のダッシュボードリンクをクリックします。

チャートを変更

チャート名の横にあるドロップダウンを選択し、どのメトリックをチャートに表示するかを切り替えます。次のものが選択できます:

  • CPU: 使用したコア、カーネルの使用率
  • Memory: サイズの限度、キャッシュのバイト数
  • I/O: 1秒当たりの書き込み数、合計バイト数
  • Network:1秒当たりのエラー、パケット
  • Process:プロセス数、再起動数

リストを検索して絞り込む

次のいずれかのオプションを使用します:

  • プロセスを検索検索バーに入力します。

  • 絞り込むリストアイテムまたはユーザー名を選択します。

    選択したフィルターが、チャートの上のフィルターアイコンの横に表示され、そこで必要に応じてフィルターを選択、削除できます。

メトリックのアラート条件を設定する

チャートの上にカーソルを合わせます。 を選択してから、アラートを作成します

ホストのアラート閾値違反を表示する

ホストの重要 アイコンまたは警告 を選択します。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.