• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

クラウド統合によるデータのギャップを測定

問題

AWS、Azure、またはGCPとの統合を設定し、メトリクスを監視しています。しかし、メトリクスデータのチャートにギャップがあることに気づきました。

このスクリーンショットでは、ギャップのあるメトリックデータのチャートが表示されています。

解決策

ここでは、メトリクスデータにギャップが見られる可能性のあるメトリクスのリストを紹介します。これらの指標にアラートを設定することは、偽陽性を引き起こす可能性があるため、可能な限り避けてください。

ヒント

このリストは完全ではありません。現在、データギャップの原因となるメトリクスの全リストを見直しています。

原因

メトリクスの中には、通常のクラウドプロバイダーのAPI(CloudWatch、Stackdriver、Azure Monitor)には存在しないものがあり、代わりにサービスAPIから取得されます。各クラウドサービスプロバイダーは、データを処理してサービスと対話する固有のサービスAPIを持っています。たとえば、あるメトリックがAWS CloudWatchに存在しない場合、New RelicはAWS ECSのサービスAPIからメトリックをフェッチします。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.