• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

クラウド統合のためのポーリング頻度とデータ収集の設定

当社の クラウドインテグレーション クラウドプロバイダーの API からデータを取得します。New Relic では、クラウドインテグレーションのデータ収集関連の設定をいくつか変更することができます。どのような変更ができるのか、またその理由についてはこちらをご覧ください。

設定の概要

New Relic のクラウド統合では、クラウドプロバイダーの API からデータを取得します。データは一般的に、AWS CloudWatch、Azure Monitor、GCP Stackdriverなどの監視APIから収集され、インベントリメタデータは特定のサービスのAPIから収集されます。

アカウント ステータス ダッシュボード を使用して、お客様のクラウド インテグレーションがクラウド サービス プロバイダからのデータをどのように処理しているかを確認できます。クラウド インテグレーションから報告されるデータの量を増やしたり減らしたりしたい場合や、クラウド アカウントのレート制限やスロットル制限に達しないようにクラウド プロバイダの API の使用を制御する必要がある場合は、構成設定を変更して報告されるデータの量を変更することができます。主なコントロールは2つあります。

投票頻度の変更を希望するビジネス上の理由の例としては、以下のようなものがあります。

  • 請求書作成: AWS CloudWatchの請求書を管理する必要がある場合、ポーリングの頻度を減らすことができます。これを行う前に、クラウド統合に設定されている 警告 条件 が、この減少によって影響を受けないことを確認してください。
  • 新サービス: 新しいサービスや構成を導入する際に、より頻繁にデータを収集したい場合は、一時的にポーリング頻度を増やすことができます。

注意

インテグレーションの設定を変更すると、 アラートの状態やチャートのトレンドに影響を与えることがあります

ポーリング周波数の変更

ポーリング頻度 の設定は、各サービスについて、New Relic がクラウドプロバイダーからデータを報告する頻度を決定します。デフォルトでは、ポーリング頻度は各サービスで利用可能な最大の頻度に設定されています。

クラウドインテグレーションのポーリング頻度を変更するには、次のようにします。

  1. one.newrelic.com > インフラストラクチャー へ。
  2. お使いのクラウドサービスプロバイダーに対応するタブを選択します。
  3. インテグレーションの横にある Configure を選択します。
  4. Data polling interval every の横にあるドロップダウンを使って、New Relic がクラウドインテグレーションのデータを取得する頻度を選択します。

フェッチするデータの指定

追加データの収集を有効にしたり、各統合に複数のフィルターを適用することで、クラウド統合に取り込んでほしい情報を指定できます。

この設定をクラウド連携のために変更するには

  1. one.newrelic.com > インフラストラクチャー へ。
  2. お使いのクラウドサービスプロバイダーに対応するタブを選択します。
  3. インテグレーションの横にある Configure を選択します。
  4. Data collections and filters の下で、必要なトグルをオンにします On
  5. フィルター については、報告データに含めたい値を選択または入力してください。

データ収集

一部のクラウド統合では、データを収集するためにクラウド・プロバイダーのAPIへの追加の呼び出しが必要になります。例えば、AWS Elastic Map Reduceクラスターのタグを取得するには、サービスAPIへの追加コールが必要です。

これらの統合のためにお客様のクラウドアカウントに送信されるAPIコールの量をより適切にコントロールするために、これらのタイプのデータを収集する必要があるときを指定することができます。データ収集のトグルは、統合機能によって異なります。

トグル

説明

タグの収集

一部の統合では、タグを報告するためにクラウドプロバイダーへの追加のAPIコールが必要になります。タグの収集は、デフォルトで有効になっています。

統合機能にクラウドリソースタグを収集させず、APIコールの量を減らしたい場合は、これを Off に切り替えてください。

Collect 拡張インベントリ

一部のインテグレーションでは、クラウドプロバイダーに追加のAPIコールを行うことで、クラウドリソースに関する拡張インベントリのメタデータを収集することができます。各クラウドインテグレーションの拡張インベントリに含まれるメタデータは、インテグレーションのドキュメントに記載されています。

拡張インベントリコレクションは、デフォルトで 無効になっています

拡張された在庫を監視したい場合は、これを On に切り替えてください。これにより、APIコールの量が増加します。

シャードデータの収集

AWS Kinesis Streamsの統合に利用できます。

デフォルトでは、シャードメトリクスは報告されません。データストリームのメトリクスに加えてシャードのメトリクスも監視したい場合は、これを On に切り替えてください。

Lambda@Edgeデータの収集

AWS CloudFrontとの連携で利用可能。

デフォルトでは、Lambda@Edgeのデータは報告しません。AWS CloudFrontでLambda@Edgeを使用していて、Lambdaの実行場所のメタデータを取得したい場合は、これを On に切り替えてください。

ノードデータの収集

AWS Elasticsearchの統合に利用できます。

デフォルトでは、Elasticsearchのノードメトリクスはレポートされません。クラスタメトリクスに加えてノードメトリクスも監視したい場合は、これを On に切り替えます。

Collect NAT Gateway data and Collect VPN data

AWS VPCの統合に利用できます。

デフォルトでは、NAT ゲートウェイや VPN のメトリクスは報告されません。他のVPC関連エンティティのインベントリに加えて、NATゲートウェイとVPNのメトリクスとインベントリを監視したい場合は、これらを On に切り替えてください。

IPアドレスの収集

AWS EC2との連携に利用できます。

デフォルトでは、パブリックおよびプライベート IP アドレス、ネットワークインターフェイスの詳細を含む EC2 インスタンスのメタデータを収集します。これらのIPデータをNew Relicに保存・表示させたくない場合は、これを Off に切り替えてください。

フィルタ

フィルターが On の場合、収集したいデータを指定します。例えば、 Limit to AWS regionOn の場合、選択したリージョンがデータ収集の対象となります。統合内容に応じて、さまざまなフィルターが用意されています。

フィルター

説明

地域

監視したいリソースを含むリージョンを選択します。

キューのプレフィックス

AWS SQSの統合に利用可能。

監視したいキューの各名称またはプレフィックスを入力します。フィルターの値は、大文字と小文字を区別します。

ロードバランサーのプレフィックス

AWSのALB連携で利用可能。

監視するアプリケーションロードバランサーの各名称またはプレフィックスを入力します。フィルターの値は、大文字と小文字を区別します。

ステージ名のプレフィックス

AWS API Gatewayの統合で利用可能。

監視したいステージの各名称やプレフィックスを入力します。フィルターの値は、大文字と小文字を区別します。

タグ・キー

監視したいリソースに関連付けられている 1つの タグキーを入力します。フィルターの値は大文字小文字を区別します。このフィルターは、 タグの値 フィルターと組み合わせて使用することができます。

タグの値

監視したいリソースに関連付けられた1つの タグ値を入力します。フィルタ値は大文字と小文字を区別します。このフィルタは、 タグキー と組み合わせて使用することができます。

リソースグループ

監視したいリソースに関連付けられているリソースグループを選択します。

アラートやチャートへの影響の可能性

統合機能の設定を変更すると、 警告条件 やチャートに影響を与える可能性があります。ここでは、いくつかの注意点をご紹介します。

この設定を変更すると...

このような影響があるかもしれません...。

任意のコンフィギュレーション設定

構成設定を変更すると、New Relic がインフラストラクチャ チャート、 インベントリ ページイベント フィード に表示するデータも変更されます。

任意のフィルター

アラート条件を作成するとき ****フィルターを設定した後は、フィルターで除外したリソースでアラートが発生しないようにしてください。

地域別フィルター

特定の地域を対象としたフィルタリングを行うと、New Relic に報告されるデータ量が少なくなり、アラートが発生する可能性があります。

特定の地域に対するアラート条件を作成した後、 その地域をフィルタリングした場合、 その地域はデータを報告しなくなり、アラートをトリガすることはありません。

ポーリング頻度

アラートを作成する際には、 ポーリング頻度 よりも長い期間の閾値を定義するようにしてください。

タグと拡張インベントリ

タグや拡張インベントリをオンにすると、New Relic はクラウド・プロバイダーに多くの API コールを行い、クラウド・プロバイダーの API 使用料が増加する可能性があります。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。