• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

StatsDモニタリングの統合

StatsD の統合により、 StatsD-format data を New Relic に簡単に取り込むことができます。また、データに任意のタグ(キーと値のペア)を追加することもできます。メトリクスが New Relic に取り込まれると、 データを照会したり、 カスタムチャートやダッシュボードを作成することができます。

StatsDインテグレーションを試してみませんか? New Relicアカウントを作成してください 無料でご利用いただけます。クレジットカードは必要ありません。

要件

この統合では、データを取り込むために、 Metric APIEvent API を使用しています。これらのAPIを使用するには、 ライセンスキー が必要です。

統合は、メトリックAPIの要件とデータ制限に準拠しています。アカウントがレート制限に達しているかどうかを確認するには、 NrIntegrationErrorイベントの次のNRQLクエリを実行します。

SELECT count(*) FROM NrIntegrationError
WHERE newRelicFeature ='Metrics'
FACET category, message
LIMIT 100 since 1 day ago

インストール

ここでは、標準的なインストールの方法を説明します。KubernetesでStatsDを動作させたい場合は、 Kubernetes install をご覧ください。

StatsD統合をインストールするには、次のコマンドを実行し、NewRelicアカウントIDとNewRelicライセンスキーを含めます。これにより、 gostatsdで使用されるTOML構成ファイルが生成されます。

docker run \
  -d --restart unless-stopped \
  --name newrelic-statsd \
  -h $(hostname) \
  -e NR_ACCOUNT_ID=YOUR_ACCOUNT_ID \
  -e NR_API_KEY=NEW_RELIC_LICENSE_KEY \
  -p 8125:8125/udp \
  newrelic/nri-statsd:latest

お客様のアカウントが、EUのデータセンター地域 にある場合は、上記のコマンドに以下を追加してください。

-e NR_EU_REGION=true \

インストール後は

Kubernetesへのインストール

ここでは、デプロイメントとサービスオブジェクトのためのKubernetesマニフェストの例を紹介します。

設定

インストール手順では、環境変数を使用してnri-statsdを実行します。これにより、TOML構成ファイルが生成されます。さらに、次の構成オプションを設定できます。

設定オプション

説明

expiry-interval

ストリング

この期間、指標が更新されない場合、その指標の報告を停止します。デフォルトは5mです。

フラッシュ間隔の間に値が更新された場合にのみメトリックを送信する場合は、これを1msに構成します。メトリックを期限切れにしないようにするには、 0に設定します。

percent-threshold

整数のリスト

メトリックの集計に使用されるパーセンタイルを指定します。デフォルト: 90

metrics-addr

ストリング

メトリックをリッスンするアドレスを示します。デフォルト: :8125 。 nri-statsd v2.3.0 (goStatsD v34.2.1 )から、Unixドメインソケット(UDS)を介した接続がサポートされます。構成で「[host]:port」の代わりに「metrics-addr = / some / path/newrelic-statsd.socket」を使用します。

ヒント

StatsD統合を使用してFedRAMPコンプライアンスを確保するには、カスタム構成で以下のエンドポイントを定義する必要があります。

address = 'https://gov-insights-collector.newrelic.com/v1/accounts/  $NR_ACCOUNT_ID/events'
address-metrics = 'https://gov-infra-api.newrelic.com/metric/v1'

ここでは、デフォルトの設定を上書きして設定をカスタマイズする例を紹介します。

メトリックフォーマット

インテグレーションは、 StatsD プロトコル を使用してメトリクスを受信します。オプションで、サンプルレートを設定したり、タグを追加することができます。

ここでは、私たちが使用しているメトリックデータのフォーマットを紹介します。

<metric name>:<value>|<type>|@<sample rate>|#<tags>

ここでは、これらの分野について説明します。

フィールド名

説明

<metric name>
string

必須です。 メトリックの名前。

<value>
string

必須です。 メトリックタイプ

  • c = counter
  • g = gauge
  • ms = timer

@<sample rate>
float

単純なカウンターやタイマーカウンターのオプション 。多くのメトリクスを送信する必要がある場合、サンプリングを使用してネットワーク・トラフィックを削減することができます。ただし、データの分解能が低下するという欠点があります。

1未満のサンプルレートでこれがどのように機能するかの例:これを0.1に設定すると、カウンターは10回に1回の測定値を送信します。

<tags>
string

オプションです。 メトリクスに付けられたタグは、属性(キーと値のペア)に変換されます。タグ付けオプションの詳細については、 Tags を参照してください。

メトリックのタイプ

ここでは、メトリクスの種類とそのフォーマットをご紹介します。

タグ(属性)の追加

データにタグを追加することができます。タグは 属性 (キーと値のペア)として保存されます。タグの追加には2つのオプションがあります。

  • すべてのメトリクスに適用されるデフォルトのタグを追加します。これらは、すべてのメトリクスに適用されます。これらは固定されており、時間が経っても変化しません。
  • メトリクスレベルのタグを追加します。このタグは特定のメトリクスに適用され、2回のサブミットの間に値を変更することができます。

以下は、カスタムタグを含む NRQL クエリの例です。

SELECT count(*) FROM Metric WHERE environment = 'production'

アラートの作成

NRQLのアラート条件 を使ってStatsDのデータにアラートを出すことができます。

データを見つけて使用する

データを照会するには、New Relic の クエリオプション を使用します。例えば、 NRQL のようなクエリを実行します。

SELECT count(*) FROM Metric WHERE metricName = 'myMetric' and environment = 'production'

Metricデータ型をクエリする方法の詳細については、「メトリックデータのクエリ」を参照してください。

ソースコードを確認してください

このインテグレーションは、オープンソース・ソフトウェアです。つまり、 そのソースコードを閲覧して 改良を送ったり、独自のフォークを作成して構築することができます。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。