• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

MongoDBモニタリング統合

MongoDB統合は、インベントリとメトリックを収集してMongoDBクラスターからプラットフォームに送信します。プラットフォームでは、主要なパフォーマンスメトリックを集約して視覚化できます。パフォーマンスのボトルネックを特定するために、mongos、mongods、configサーバー、およびデータベースとコレクションに関するデータを収集します。

統合をインストールし、収集するデータを確認するために読んでください。

互換性と要件

私たちの統合はMongoDBv3およびv4と互換性があります。 MongoDB Atlasは、ティアM10以降でサポートされています。

統合をインストールする前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

インストールしてアクティブ化する

MongoDB統合をインストールするには、ご使用の環境の指示に従ってください。

''

その他の注意事項:

構成

MongoDBサーバーを有効にする

MongoDBシェルで、次のコマンドを実行してlistCollectionsロールと新しいユーザーを作成し、 clusterMonitorlistCollectionsのロールを新しいユーザーに割り当てます。注:ユーザー名パスワード、および同様のユーザー固有の値を置き換える必要があります。

ユーザーロールの作成の詳細については、MongoDBのドキュメントを参照してください。

ヒント

監視するモンゴでこれらの手順を実行します。ホストまたはレプリカセットの統計など、mongodレベルのメトリックを収集する場合は、各mongodにもロールとユーザーを作成します。

  1. MongoDBシェルで、 use adminと入力します。

  2. 次のコマンドを使用して、 listCollectionsロールを作成します。

    db.createRole({
    role: "listCollections",
    privileges: [{
    resource: {db:"",collection:""},
    actions: ["listCollections"]
    }],
    roles: []
    })
  3. 次のコマンドを使用して新しいユーザーを作成し、ユーザーにclusterMonitorlistCollectionsの役割を割り当てます。

    db.createUser({
        user: "username",
        pwd: "password",
        roles: [
            "clusterMonitor",
            "listCollections"
        ]
    })

統合を構成する

インストール方法に応じて、統合を構成する方法はいくつかあります。

統合のYAML形式の構成では、必要なログイン資格情報を配置し、データの収集方法を構成できます。どのオプションを変更するかは、セットアップと設定によって異なります。

構成ファイルには、 intervaltimeoutinventory_sourceなどのすべての統合に適用できる共通の設定があります。これらの一般的な設定についてすべて読むには、 構成フォーマットのドキュメントを参照してください。

重要

従来の構成/定義ファイルをまだ使用している場合は、 標準の構成形式に関するドキュメントを参照してください。

MongoDBに関連する特定の設定は、構成ファイルのenvセクションを使用して定義されます。これらの設定は、MongoDBインスタンスへの接続、およびその他のセキュリティ設定と機能を制御します。有効な設定のリストについては、このドキュメントの次のセクションで説明します。

MongoDB統合は、完全なMongoDBクラスターまたはスタンドアロンのMongoDBインスタンスのいずれかをモニターするように構成できます。クラスタを監視するには、 host }引数とport引数がクラスタ内のmongosインスタンスの1つを指している必要があります。スタンドアロンインスタンスを監視する場合は、sue hostportがデータベースを実行しているmongodを指すようにします。

ヒント

SCRAM認証はサポートされていません。

MongoDBインスタンス設定

MongoDB統合は、メトリックとインベントリ情報の両方を収集します。次の表で、各コレクションで使用できる設定について、「適用先」列を参照してください。

これらの設定の値は、いくつかの方法で定義できます。

  • 設定ファイルに直接値を追加します。これが最も一般的な方法です。
  • {{}}表記を使用して環境変数の値を置き換えます。これには、インフラストラクチャエージェントv1.14.0以降が必要です。詳細については、 パススルーに関するドキュメントを参照するか、交換例を参照してください。
  • シークレット管理を使用します。これを使用して、構成ファイルにプレーンテキストで公開されるパスワードなどの機密情報を保護します。詳細については、シークレット管理を参照してください。

'' '' '' '' '' '' '' '' '' '' '' '' '' ''

設定

説明

に適用されます

MONGODB_CLUSTER_NAME

モニター対象のクラスターを一意に識別するためのユーザー定義名。必須

指標/在庫

亭主

MongoDBが実行されているホスト名またはIP。デフォルトはlocalhostです。

指標/在庫

ポート

MongoDBがリッスンしているポート。デフォルトは27017です。

指標/在庫

ユーザー名

MongoDBサーバーにアクセスするためのユーザー名。

指標/在庫

パスワード

指定されたユーザーのパスワード。

指標/在庫

AUTH_SOURCE

認証するデータベース。デフォルトはadminです。

指標/在庫

SSL

MongoDBサーバーと通信するときはSSLを使用してください。デフォルトはfalseです。

指標/在庫

SSL_CA_CERTS

ホスト上のSSL証明書の場所。 SSLtrueの場合にのみ必要です。

指標/在庫

SSL_INSECURE_SKIP_VERIFY

サーバーの証明書チェーンとホスト名の検証をスキップします。デフォルトはfalseです。

指標/在庫

PEM_KEY_FILE

秘密鍵とクライアント証明書を含むPEMファイルの場所。

指標/在庫

パスフレーズ

PEMKeyFileファイルを復号化するためのパスフレーズ。

指標/在庫

CONCURRENT_COLLECTIONS

同時にメトリックを収集するエンティティの数。デフォルトは50です。

指標

フィルター

データベース名からコレクション名の配列へのJSONマップ。空の場合、デフォルトですべてのデータベースとコレクションになります。

指標

METRICS

メトリックのみの収集を有効にするには、 trueに設定します。デフォルトはfalseです。

在庫

インベントリのみの収集を有効にするには、 trueに設定します。デフォルトはfalseです。

ラベルとカスタム属性

ラベルを使用して、メトリックをさらに装飾できます。ラベルを使用すると、キーと値のペアの属性をメトリックに追加できます。これを使用して、メトリックをクエリ、フィルタリング、またはグループ化できます。

デフォルトのサンプル構成ファイルには、ラベルの例が含まれています。ただし、必須ではないため、選択した新しいものを削除、変更、または追加できます。

labels:
env: production
role: load_balancer

構成例

データを見つけて使用する

このサービスからのデータは、 統合ダッシュボードに報告されます。

メトリックは、これらのイベントタイプに関連付けられています。

  • MongoCollectionSample
  • MongoConfigServerSample
  • MongoDatabaseSample
  • MongodTopSample
  • MongoSample
  • MongodSample
  • MongosSample

トラブルシューティングの目的で、またはカスタムチャートとダッシュボードを作成するために、このデータをクエリできます。

データを検索して使用する方法の詳細については、統合データについてを参照してください。

メトリックデータ

MongoDB統合は、次のメトリックデータ属性を収集します。一部のメトリック名には、 asserts.collection.などのカテゴリインジケーターとピリオドが接頭辞として付けられます。

クラスターまたはスタンドアロンインスタンスのどちらが監視されているかに応じて、さまざまなメトリックを使用できます。スタンドアロンインスタンスの場合、 MongodSampleMongoDatabaseSampleMongodTopSample 、およびMongoCollectionSampleのみが収集されます。クラスタの場合、すべてのイベントタイプが収集されます。

在庫データ

MongoDB統合は、クラスター内の各ホストからすべてのコマンドラインオプションとランタイム構成パラメーターをキャプチャします。

データは、 config/mongodbソースの下の[ インベントリ]ページで入手できます。インベントリデータの詳細については、 統合データについてを参照してください。

ソースコードを確認してください

この統合はオープンソースソフトウェアです。つまり、ソースコードを参照して改善を送信したり、独自のフォークを作成してビルドしたりできます。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。