• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

Mendix クラウド統合

Mendix Cloud 統合は、Mendix Cloud 環境からインベントリとメトリクスを収集して New Relic に送信するため、その健全性とパフォーマンスを監視できます。

統合をインストールし、収集するデータを確認するために読んでください。

セットアップ

New Relic を利用するには、New Relic API キーが必要です。 アプリの既存のキーを検索するか、新しいキーをリクエストするには、次の手順に従います。

  1. New Relic のアカウントにログインします。
  2. 左下隅にある自分の名前をクリックして、ユーザー メニュー オプションを開きます。 次に、「API キー」をクリックします。
  3. 既存の API キーをコピーするか、新しい API キーを作成します。 この目的のために、New Relic はLicenseタイプを推奨します。

重要

New Relicログ記録とアプリケーション メトリックは、Mendix 9.7 以降でサポートされています。

環境を New Relic に接続する

ランタイム情報を New Relic に送信するには、New Relic API キーを環境に提供する必要があります。

  1. Developer Portal

    でアプリの

    Environment

    ページに移動します。

  2. New Relicで監視する環境の

    Details

    をクリックします。

  3. Details

    タブに切り替えます。

  4. 次のカスタム環境変数を追加します。

    変数

    説明

    NEW_RELIC_LICENSE_KEY

    New Relic

    アカウントキー

    NEW_RELIC_LOGS_URI

    New Relic のログ API の URI。 詳細については、

    New Relic リージョン

    を参照してください。 有効な値については、

    「ログ API を使用してログ データを送信する」

    を参照してください。例:

    https://log-api.eu.newrelic.com/log/v1

    NEW_RELIC_METRICS_URI

    New Relic のメトリクス API の URI。 詳細については、

    New Relic Regions

    を参照してください。 有効な値については、

    「メトリクスAPIを使用したメトリクスのレポート」

    を参照してください。 例:

    https://metric-api.eu.newrelic.com/metric/v1

    NEW_RELIC_APP_NAME

    (オプション)

    New Relic の APM とサービス ページに表示される Mendix アプリケーション名。 デフォルト: ドメイン ホスト名。

    LOGS_REDACTION

    (オプション)

    電子メール アドレスは、ログエントリが New Relic に送信される前に自動的に編集されます。 この秘匿化を無効にするには、

    LOGS_REDACTION

    false

    に設定します。 デフォルト:

    true

  5. アプリの

    Environments

    ページに戻り、アプリを選択した環境に

    Deploy

    または

    Transport

    入れます。

重要

New Relic へのデータの送信を開始するには、アプリを再デプロイして再起動する必要があります。 追加の依存関係を含める必要があるため、アプリを再起動するだけでは十分ではありません。

New Relicのタグメトリックス

「APM ツールを使用した Mendix アプリのモニタリング」の「アプリ メトリクス」セクションで説明されているように、アプリ メトリクスの分析を支援するために、Mendix は New Relic の使用時にマイクロフローとアクティビティからのメトリクスにタグを追加します。

ランタイム アプリケーション ログに加えて、次の JSON 形式のメタデータが New Relic に自動的に送信されます。

  • environment_id: 環境の一意の識別子
  • instance_index: アプリケーションインスタンスの番号
  • hostname: アプリケーションホストの名前
  • application_name: ドメイン名から取得されたデフォルトのアプリケーション名
  • model_version: Mendix ランタイムのモデル バージョン
  • runtime_version: Mendixランタイムのバージョン

これらのフィールドでデータをフィルタリングできます。

カスタムタグ

New Relic を使用して複数のアプリや環境を監視する場合、これらのメトリクスがどのアプリや環境に適用されるかを知ることができません。 New Relic でアプリと環境のメトリクスを特定するには、アプリ名と環境のタグを追加する必要があります。

Mendix では、次のタグの使用をお勧めします。

  • app:{app_name} (例: app:customermanagement ): これにより、アプリから送信されたすべてのメトリックを識別できます。
  • env:{environment_name} (例: `env:accp``): これにより、特定の環境から送信されたメトリックを識別し、本番メトリックとテストメトリックを区別することができます。
Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.