• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Metricデータタイプの問い合わせ

メトリックAPIを介して(そのAPIを使用する統合からのものを含む)メトリックがNew Relicに報告されると、データはMetricデータ型として報告され、クエリに使用できます。

このドキュメントには

APMメトリクスのタイムスライスデータの照会

APMでは、メトリックタイムスライスデータと呼ばれる特定のタイプのデータを報告しています。このデータを照会する方法については、 Query metric timeslice data を参照してください。

他のタイプのメトリクスについては、 Metric data types を参照してください。

メトリクスの表示と照会

NRQLを使用して、クエリビルダーまたはNerdGraphAPIを使用してメトリックデータをクエリできます。

メトリクスを照会するには、以下の照会フォーマットを使用します。

FROM Metric SELECT function(metric_name) WHERE attribute=value FACET attribute TIMESERIES

以下は、 メトリックタイプごとにサポートされている機能です。

メトリックタイプ

対応機能

Summary

count、sum、min、max、average

Count

sum

Gauge

count, sum, min, max, average, and latest

グラフ化するメトリックの名前を、適切な値関数を使用してSELECT句に追加します。 WHERE }句とFACET句は、属性値とともに使用できます。データをグラフ化する場合は、キーワードTIMESERIESを含めることを忘れないでください。

この例は、クラスターfooのCPU使用率を秒単位でグラフ化する方法を示しています。このクエリは、属性containerNameおよびclusterNameを持つcontainer_cpu_usage_seconds_totalという名前のcountメトリックが与えられた場合に、コンテナごとにCPU使用率を分類します。

FROM Metric select sum(container_cpu_usage_seconds_total)
WHERE clusterName = 'foo'
FACET containerName
TIMESERIES

1分ごとのCPU使用率(変化率)を知りたい場合は、上記のクエリにrate関数を追加します。

FROM Metric select rate(sum(container_cpu_usage_seconds_total), 1 minute)
WHERE clusterName = 'foo'
FACET containerName
TIMESERIES

メトリクスクエリの例を見る

前述の例では、メトリック・クエリの基本的な形式を示しましたが、NRQLはメトリック・データのチャート化、探索、分析にも使用できます。

ワイルドカードを使って複数のメトリクスを検索

ワイルドカードは、NRQLでは%文字で表されます。標準の命名規則を使用する複数のメトリックをクエリする場合は、ワイルドカード機能を使用して、各メトリック名を個別に指定しなくても、すべてのメトリックの結果を返すことができます。

ワイルドカードがあなたをサポートします。

  • 指標を集約し、結果をグラフ化する
  • FACET グラフのメトリック名による結果
  • 指定された命名規則に合致するすべてのメトリクスを検索し、チャート化する。

ワイルドカードは、既存の命名規則に一致する新しいメトリックを後で追加する場合に特に役立ちます。クエリで各メトリック名を書き出す代わりに%を使用することで、新しいメトリックを追加するときにクエリを書き直す必要がなくなります。

同様のタスクを実行する複数のアルゴリズムがあるとします。次のようなメトリクスを定義して、異なるアルゴリズムの持続時間を表示することができます。

  • myNeatProcess.algorithm1.duration
  • myNeatProcess.algorithm2.duration
  • myNeatProcess.algorithm3.duration

クエリで使用する場合、 myNeatProcess.%.durationは上記の3つのアルゴリズムすべての結果を返します。後でalgorithm4algorithm5 、およびalgorithm6という名前の新しいアルゴリズムを作成すると、同じクエリで6つのアルゴリズムすべての結果が返されます。

を使用して個々のフィールドの結果を返す getField()

メトリックには複数のフィールドが関連付けられており、各フィールドには独自の値が含まれています。クエリを使用してこれらの値の1つを抽出する場合は、 getField()を使用して抽出できます。

たとえば、メトリック内の単一の値を使用してWHERE句で比較を行う場合は、 getField(metricName, field)またはmetricName[field]を使用できます。

メトリクスデータを見る

NRQL keysetおよびuniques関数をmetricName属性(すべてのメトリックで使用可能)と一緒に使用して、アカウントで使用可能なすべてのメトリックを一覧表示したり、特定のメトリックで使用可能な属性を検出したりすることができます。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。