• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Jira Server CodeStream 接続の設定

注意

Jira Server の最近のバージョン (8.14.0 以降) は、Jira Server REST API にアクセスするための API トークンの使用をサポートしています。ここで説明する複雑なセットアップを避けるために、可能な限り API トークンを使用することをお勧めします。 Check your Jira Server version.

この統合を設定するには、Jira の管理者である必要があります。続行するための適切な権限を持っているかどうかを判断するには、Jira 設定メニュー (歯車のアイコンで、プロファイルと設定メニュー アイコンの隣の右上にあることが多い) を探し、そこに Applications オプションがあることを確認してください。 Settings メニュー、または Applications オプションがない場合は、統合を設定することができません。

この統合には、Jira Server インスタンスが一般にアクセス可能な URL にあることが必要です。

New Relic CodeStream は、Atlassian が公開している REST API を使用して Jira Server と統合することができます。CodeStream を Jira Server インストレーションと統合できるようにするには、CodeStream アプリケーションリンクを設定します。このアプリケーションリンクは、ユーザーが CodeStream で認証情報を入力することなく、Jira Server アカウントに対して認証を行うための導線として機能します。

Jira Server は、クライアントの認証に OAuth 規格 (バージョン 1.0a) を使用しています。参考までに、 アトラシアンのドキュメント を参照してください。

ただし、このページに記載されている指示に完全に従う必要はありません。ここでは、分かりやすくするために、関連する説明を重複して簡略化しています。

アプリケーションリンクで使用する公開鍵/秘密鍵ペアを生成するには、 openssl コマンドラインツールが必要です。

公開鍵/秘密鍵ペアの生成

ターミナルで、 openssl を使って、以下の手順で公開鍵/秘密鍵ペアを生成します。

  1. 1024ビットの秘密鍵を生成します。

    openssl genrsa -out jira_privatekey.pem 1024
  2. X509証明書を作成します。

    openssl req -newkey rsa:1024 -x509 -key jira_privatekey.pem -out jira_publickey.cer -days 365

    証明書に添えるべき情報を入力してください。

  3. プライベート キー (PKCS8 形式) を jira_privatekey.pcks8 ファイルに抽出します。

    openssl pkcs8 -topk8 -nocrypt -in jira_privatekey.pem -out jira_privatekey.pcks8
  4. 証明書から公開鍵を jira_publickey.pem ファイルに抽出します。

    openssl x509 -pubkey -noout -in jira_publickey.cer > jira_publickey.pem

以下の手順で、Jira Server 内にアプリケーションリンクを作成します。

  1. Jira で、 Jira settings (右上の歯車アイコン)に移動し、 Applications をクリックします。必要に応じて、管理者パスワードを入力します。次に、左側のサイドバーにある Integrations の下の Application links を選択します。

  2. リンクしたいアプリケーションのURLを入力 http://example.com/ のように、任意のURLを入力してください。次に Create new link をクリックします。

  3. No response was received from the URL you entered で始まる警告が表示されます。この警告を無視して、 Continue をクリックしてください。

  4. ここに表示されているように、またはお好きなようにフォームを記入してください。 Create incoming link がチェックされていることを確認する以外、ここに入力されたデータは特に重要ではありません。 Application Name には、リンクを識別するのに最適な名前を付けてください。その後、 Continue をクリックします。

    Create Jira Server Application Link
  5. 次のダイアログでは、 Consumer Key に任意のユニークな文字列を入力してください。この文字列は、安全であったり、エンコードされている必要はなく、覚えやすいものであればよいでしょう。ここで入力した内容は、CodeStream から Jira Server との統合を設定する際に必要となりますので、メモしておいてください。 Consumer Name には、"CodeStream app" のように、意味のあるものを入力します。正確に記入する重要なフィールドは、 Public Key です。 jira_publickey.pem ステップ1で作成したファイルの内容の全文をコピーします。これを Public Key フィールドに貼り付けて、 Continue をクリックします。

Jira Server Link Applications

作成したアプリケーションのリンクは、以下のように表示されているはずです。

Jira Server Application Link Created

CodeStreamでの統合の設定

これで、作成したアプリケーションリンクを使用して、CodeStream からチームの Jira Server への統合をセットアップする準備ができました。CodeStream にサインアップし、IDE で拡張機能を開いていることを前提としています。

  1. CodeStream では、左上のユーザー名の隣にあるメニューをクリックして、 Integrations パネルに移動します。次に、 Issue Providers の下の Jira Server をクリックします。

  2. Jira Server 統合では API トークンを使用しないので、上部の Click here if your organization uses a version of Jira Server older than... をクリックして、ここで説明する OAuth メソッドを使用して Jira Server を設定します。

  3. 記入してください。

    • Jira Server Base URL には、内部ネットワークで知られている Jira Server インストールへのアクセスに使用される URL を http(s)://host:port の形式で入力します。

    • Consumer Keyの場合は、上記の手順2でアプリケーションリンクを作成したときに入力したコンシューマキーを使用します。次に、上記の手順1で作成した秘密鍵の全内容をPCKS8形式でコピーします。このファイルの名前は jira_privatekey.pcks8 。それらの内容を秘密鍵フィールドに貼り付け、送信 をクリックします。

      Configure Jira Server
  4. 次に、Jira Serverインスタンスに移動し、アプリケーションリンクを使用してアカウントへのアクセスを承認します。終了したら、IDEに戻ると、次のようなものが表示されますCompleted Jira Server Integration

  5. 統合が組織のためにセットアップされたので、他のユーザーは上記のプロセスを通過する必要はありません。組織内の他のユーザーは、利用可能な他の統合と一緒に、Jira サーバー (ホストで指定) との統合が表示されます。この統合を開始するには、最後のステップで行ったように、他のユーザーが CodeStream アプリケーションリンクによるアカウントへのアクセスを許可する必要があります。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。