• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

GitとCodeStreamの問題点

コードブロックを含むメッセージを投稿すると、以下のようなGit関連の警告が表示されることがあります。

レポがGitで管理されていない、またはGitが見つからない

技術的には必須ではありませんが、Code Streamの機能の主要な要素は、あなたのリポジトリがGitまたはGitHubのようなGitホスティングサービスによって管理されているかどうかに依存しています。Gitを使用していない場合、CodeStreamはあなたが作成したコメントや課題を、ソースファイル内の適切なコードブロックに結びつけることができません。つまり、コメントや課題はアクティビティフィードや検索結果には表示されますが、チームメイトがソースファイルを見ているときにコードマークセクションには表示されないということです。

このエラーは、GitがPATHに入っていないことを意味する場合もあります。その場合は、PATHに追加してから、IDEを再起動してください。

レポにリモートURLがない

リモート URL は、CodeStream があなたのメッセージのコードブロックを、あなたの IDE の対応するリポジトリの適切なファイルと場所に結びつけるための一部です。もしCodeStreamが、あなたがコメントや課題を作成したのと同じリポジトリをチームメイトが開いているのを識別できなければ、チームメイトはコメントや課題を見ることができません。

コマンドラインから git remote -v を使って、リポジトリにリモート URL が設定されているかどうかを確認します。リモート URL がない場合は、正しい URL を調べてから git remote add origin<リモート URL> でリモート URL を指定します。

未保存のファイル

Gitで管理されていないファイルと同様に、CodeStreamはコメントや課題を、保存されていない新しいファイルのコードブロックにリンクさせることができません。最初のコメントや課題を作成する前に、ファイルを保存しておいてください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.