• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

CodeStream でプル リクエストを確認する

ほとんどの開発チームにとって、開発プロセスの最後のステップはプルリクエストであり、CodeStreamを使用するとそのワークフローをIDE内に保持できます。CodeStreamペインの[PullRequests]セクションには、関連するすべての開いているプルリクエストが一覧表示されます。

重要

プルリクエストの作成は、GitHub、GitHub Enterprise、GitLab、GitLab Self-Managed、Bitbucket、およびBitbucketServerで利用できます。プルリクエストのレビューは、GitHub、GitHub Enterprise、GitLab、およびGitLabSelf-Managedでのみ利用できます。

プルリクエストセクションでは、レビュー待ちのPR、自分に割り当てられたPR、自分が作成したPR、最新のPRで分けられています。

リスト内のプルリクエストをクリックして、コードを編集、確認、さらにはマージします。プルリクエストの詳細と、変更されたすべてのファイルへのアクセスを提供するツリービューで、プルリクエストが展開されるのがわかります。あなたが最も頻繁に行うこと…コメントの追加と表示…は簡単にアクセスできます。任意のファイルをクリックして差分を開き、変更の確認を開始するだけです。

IDEに組み込まれているdiffナビゲーションを使用して、ファイル内の変更間を移動できます。コメントを追加するコードのブロックを選択します。CodeStreamを使用すると、チェンジセットの一部ではないコード行にコメントを付けることができます。これらのコメントは、プルリクエストに単一のコメント(GitLabの用語では「今すぐコメント」)として追加され、進行中のレビューの一部ではありません。

VS Codeでは、CodeStreamペインにコメントボタンが表示されます。

JetBrains IDEでは、コメントボタンが差分ガターに表示され、それをクリックすると、エディターで直接コメントできるようになります。

コメントを追加すると、ツリービューの適切なファイルの下にネストされて表示されるため、コメントを簡単に取得できます。

コメントをクリックすると、ディスカッションが開き、差分内の対応するコードブロックまでスクロールします。

要求された変更を行う必要がありますか?「ローカルファイルを開く」をクリックするだけで、作業が必要な場所に直接移動できます。または、左側にある[差分でコメントを表示]をクリックして、現在のファイル内の他のコメントの場所にジャンプします。

プルリクエストでファイルを処理しながら、円をクリックしてファイルを表示済みとしてマークします。完了したら、緑色の[レビュー]ボタンをクリックしてレビューを送信します。

ツリーのPRDetailsエントリをクリックして、プルリクエストを管理します。GitHub(以下に示す)やGitLabで見慣れているものと同じようなインターフェースが表示されるため、プルリクエストのレビュー担当者、担当者、ラベルを変更するメカニズムは非常によく知られているはずです。

プルリクエストのリストの管理

デフォルトでは、プルリクエストは以下のセクションに分割されて表示されます。

  • Waiting on My Review: 自分がレビュアー、またはリクエストされたレビュアーになっているプルリクエストを開きます。
  • Assigned to Me: 自分に割り当てられたプルリクエストを開く。
  • Created by Me: 自分で作成したプルリクエストを公開します。
  • Recent: ステータスに関係なく、あなたが作成した最新のプルリクエスト5件。

プルリクエストの行にカーソルを合わせると、コードホスティングサービスでプルリクエストを表示し、プルリクエストのURLをコピーし、ブランチをチェックアウトし、プルリクエストを更新して、表示しているものが正しいことを確認するオプションが表示されます。最新の。

セクションの見出しにカーソルを合わせると、そのセクションのリストプルリクエストを更新したり、セクションのクエリを編集したり、セクションを削除したりできます。

リストにないプルリクエストを表示または確認する場合は、URLを取得し、[URLからPRをロード]セクションをクリックします。URLを貼り付けると、CodeStream内でプルリクエストを表示できます。

Pull Requestsセクションの見出しにカーソルを合わせると、右側にアイコンが表示されます。

オプションに含まれるもの

  • すべてのセクション(またはクエリ)を一度に更新します。
  • 新しいプルリクエストを作成します。
  • カスタムクエリに基づいて新しいセクションを作成します。なお、 GitHub および GitHub Enterprise または GitLab および GitLab Self-Managed のカスタムクエリを作成する際には、いくつかの特別なガイドラインがあります。
  • 歯車のアイコンをクリックすると、IDEで開いているリポジトリに関連付けられているものだけでなく、すべてのリポジトリからのプルリクエストを表示する機能や、リストにラベルを含める機能など、その他のオプションが表示されます。GitLab組織が複数のレビュー担当者と担当者をサポートしている場合は、これを有効にするオプションもあります。

プルリクエストの作成

プルリクエストをいつでも開くには、CodeStreamペインの上部にある[ + ]ボタン、または[プルリクエスト]セクションのヘッダーにある[ + ]ボタンをクリックします。キーボードショートカットを使用することもできます(Macの場合はctlr+shift+/ pctrl+/ p 、GitLabユーザーの場合はm )。 CodeStreamには、プルリクエストを開く前に変更を確認するためのツリービュー、リストビュー、および差分ビューのオプションが用意されています。

ワンクリックで、最後のコミットメッセージ、ブランチ名、またはチケットを選択して作業を開始した場合はチケットタイトルに基づいてプルリクエストの名前を付けることができます。チケットを選択して作業を開始した場合は、チケットのタイトルをプルリクエストの名前にすることができます。また、チケットを選択している場合は、そのチケットとプルリクエストを明示的に結びつけることができます。プルリクエストを提出する前に、フォームの下に表示されているファイルをクリックして、変更内容を確認してください。

作業中の機能ブランチにリモート追跡用ブランチがない場合は、プルリクエストを作成する際にリモート追跡用ブランチを設定することができます。

プルリクエストを作成するための以下のオプションもご覧ください。

GitHubのカスタムクエリ

デフォルトでは、GitHub の検索 API は GitHub 全体を対象としたグローバル検索を行います。そのため、検索結果が適切に制限されるようにするには、クエリに次のような修飾子を少なくともひとつ含める必要があります。

  • user:USERNAME
  • org:ORGNAME
  • repo:USERNAME/REPOSITORY
  • author:USERNAME
  • assignee:USERNAME
  • mentions:USERNAME
  • team:ORGNAME/TEAMNAME
  • commenter:USERNAME
  • involves:USERNAME
  • reviewed-by:USERNAME
  • review-requested:USERNAME
  • team-review-requested:TEAMNAME
  • project:PROJECT_BOARD

GitHubの検索構文についての詳細は、こちら をご覧ください。

GitLabカスタムクエリ [#gitlab]

すべての検索は、各パラメーターの間に&を含むattribute=value形式を使用して実行されます。スペースが含まれるパラメーターの場合は、そのままにし、パラメーターに引用符を付けないでください(たとえば、 labels=foo,help wanted )。 @meを使用して、ユーザーIDとユーザー名を指定できます。指定しない場合は、GitLabで見つけることができます。デフォルトでは、すべてのフィルターにパラメーターscope=allがあります(最小修飾子を参照)。これを上書きするには、 scope=Xを使用します。以下の例を参照してください。

検索構文は、GitLab のカスタム検索 API に由来します。 マージリクエスト検索 または 課題検索 の詳細については、GitLab のドキュメントを参照してください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.