• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

CodeStreamの組織設定と管理

New Relic CodeStreamは、New Relicのアカウントを持っているかどうかに関係なく、組織内のチームメイトを管理するためのいくつかのツールを提供します。

ヘッダーで、 My Organization メニューボタンをクリックすると、組織の管理、人の招待、管理者権限の割り当てや削除を行うことができます。

A screenshot showing the organization menu

My Organization メニューを使用すると、New Relic CodeStream の組織に誰が参加しているかを確認したり、新しいメンバーを招待したり、責任マップを作成したりすることができます。

人と役割の管理

管理者はチームメイトのリストで確認できます。あなたが管理者であれば、ドロップダウンを使って、任意のメンバーに管理者権限を割り当てたり、削除したりすることができます。

A screenshot showing the organization member list

チームメイトを誘う

Invite Teammates をクリックすると、新しいメンバーを組織に招待したり、未招待の招待状やチームメイトの候補を確認したりできます。

  • 未処理の招待状」セクションには、すべての未処理の招待状が一覧表示されます。各行の右側には、招待状を削除したり、招待状を再送したりするためのリンクがあります。
  • reinvite をクリックすると、電子メールで別の招待状が送信されます。また、「再招待」のリンクの上にカーソルを置くと、自分でメールを作成できるオプションが表示されます。
  • 管理者のみが利用できる「チームメイト候補」セクションでは、あなたが公開しているリポジトリのコミット履歴から、チームメイトになりそうな人のリストが表示されます。各行の右側には、提案をリストから削除したり、その人を招待したりするためのリンクがあります。

地図を責める

[マップのせい]をクリックして、CodeStreamへのサインアップに使用した電子メールアドレスとは異なる可能性のあるコードのコミットに使用する電子メールアドレスを追加します。たとえば、CodeStreamの電子メールアドレスはdave@acme.comである可能性がありますが、コードをdave@webmail.comとしてコミットすることもできます。

[マッピングの追加]をクリックし、Gitのメールアドレスを入力して、組織のメンバーのリストからエントリを選択します。そうすれば、誰かがdave@webmail.comによってコミットされたコードにコメントすると、CodeStreamはあなたに言及することを認識します( dave@acme.comなど)。

A screenshot showing a blame map.

非管理者は自分自身の責任マップしか作成できませんが、管理者は組織のどのメンバーの責任マップも作成できます。これは、退職者が出たときにコードの所有権を再割り当てするのに便利です。

組織設定

管理者の場合、CodeStreamペイン上部のヘッドショットメニューの下にある Organization Admin メニューを使って、組織名の変更、 onboarding and feedback requests settings, export data, or delete your orgを管理することができます。

An image showing how to access organization settings.

オンボーディング設定

ドメインベースの参加では、指定されたドメインのメールアドレスを持っている人は、最初に招待されなくてもCodeStreamの組織に参加することができます。これにより、チームメイトを簡単に参加させることができるだけでなく、(誤って自分の組織を作ってしまうのではなく)確実にあなたの組織の一員となることができます。

フィードバックリクエストの割り当てと承認

管理者は、フィードバック要求の割り当てと承認の両方を組織に合わせてコントロールできます。

This image shows the feedback request settings tab and all its options.

フィードバック要求の設定を使用して、組織のフィードバックプロセスを微調整します。

デフォルトでは、フィードバックを要求した人が承認の仕組みを決めることができますが、代わりに、組織のすべてのフィードバック要求に対するデフォルトの動作を設定することができます。

  • Any reviewer can approve: レビューアが何人割り当てられているかにかかわらず、誰でもフィードバック要求を承認することができます。
  • すべてのレビュアーが個別に承認する必要があります: フィードバックリクエストは、承認されたとみなされる前に、割り当てられた各レビュアーが個別に承認する必要があります。

ラウンドロビン は、組織内のすべての開発者を巡回します。 ランダム は、組織内の任意の開発者にフィードバックリクエストをランダムに割り当てます。 Authorship オプションでは、変更の影響を受けるコードラインを書いた開発者と、そのブランチにコミットした他の開発者に基づいて、最大3人のレビュアーを提案します。

データのエクスポート

組織のディスカッションをCodeStreamから取り出すための軽量なエクスポートツールがあります。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。