• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Microsoft TeamsとCodeStream

New Relic CodeStream を Microsoft Teams チャンネルに接続します。

コードマークを投稿すると、チームメイトにはアクティビティフィードで通知され、メールでも通知されます。しかし、時には、Microsoft Teamsにも共有したいことがあるかもしれません。そうすれば、まだCodeStreamに参加していない人や、IDEにあまり時間をかけていない人にも情報を届けることができるでしょう。

Microsoft Teamsへの接続

  1. ここをクリックしてCodeStreamアプリをインストールする または、Microsoft Teamsのサイドバーにあるアプリに行き、CodeStreamを検索します。

  2. インストールが完了すると、CodeStream アプリの次のポップアップが表示されます。[追加] ボタンをクリックします。チームまたはチャットに追加するオプションを展開して選択しないでください。[追加] をクリックするだけです。

  3. これにより、CodeStream ボットとのプライベート チャットに移動し、Teams サイドバーに CodeStream のロゴが表示されます。ボットのウェルカム メッセージの [ サインイン ] ボタンをクリックするか、このチャットにsigninと入力して送信します。

  4. Web に移動し、CodeStream にサインインするよう求められます。

  5. サインインすると、トークンが渡されます。このトークンをコピーして、MS Teamsに戻ってCodeStreamボットとのチャットに貼り付ける必要があります。

  6. トークンをチャットに貼り付けて送信します。

  7. 共有したいチャンネルに移動し、 @と入力してから、ポップアップで Get bots を選択します。

  8. リストからCodeStreamボットを選択し(必要であれば検索してもよい)、 Add をクリックします。

  9. チャンネルに戻り、 connectコマンドで CodeStream ボットを @メンションします。共有したいチャンネルでこれを繰り返します。

    このコマンドを使用して、ボットを接続します。

  10. 確認が取れれば、CodeStreamからTeamsに共有する準備が整います。

  11. CodeStream に戻ると、接続したチャネルに共有できるようになります。

    から共有するを選択します。

Microsoft TeamsからCodeStreamに参加する

Microsoft Teamsに共有すると、チームメイトにコードマークが通知されるだけでなく、チームメイトはそのコードマークを使って自分のIDEに直接ジャンプし、CodeStream上の会話に参加することができます。

これにより、指定されたIDEでコードマークが開きます。

IDEで開く

IDEで開く をクリックすると、コードとディスカッションの両方をお使いのIDEの中で見ることができます。CodeStream の Web ページが表示され、どの IDE を開くかを選択できます。CodeStream は選択した内容を記憶しており、次回同じリポジトリのディスカッションを閲覧する際にはその内容が反映されます。次に、あなたの IDE の適切なソースファイルに移動し、関連するコードブロックにスクロールし、ディスカッションが CodeStream ペインに表示されます。IDE でそのリポジトリを開いていない場合は、CodeStream が自動的にソースファイルを開きます (CodeStream がインストールされている状態で、以前にそのリポジトリを開いていたと仮定していますので、私たちはその場所を知っています)。

JetBrainsのIDEを使用している場合は、CodeStreamがIDEにディープリンクできるように、 Toolbox app をインストールしてください。

GitHub(またはBitbucket、GitLab)での公開

コードブロックがGitHub、Bitbucket、またはGitLabでホストされているリポジトリのものである場合、このボタンはそのホスティングサービス上の対応するコードブロックに移動します。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.