• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

setErrorHandler(ブラウザエージェントAPI)

構文

newrelic.setErrorHandler(function $callback)

ブラウザエージェントが捕捉した既知のエラーを選択的に無視することができます。

要件

エージェントのバージョン nr-974 以上。

説明

newrelic.setErrorHandler() APIコールを使うと、ブラウザエージェントが捕捉した既知のエラーを選択的に無視することができます。このAPIコールは1つのエラーハンドラ関数を受け取り、ブラウザエージェントが捕捉した各エラーに対して呼び出されます。ハンドラーが true を返した場合、New Relic は ****そのエラーを記録しません。それ以外の場合は、そのエラーは通常通り処理されます。

パラメータ

パラメーター

説明

コールバック

機能

必須. エラーが発生すると、エラーオブジェクトをパラメータとして、コールバックが呼び出されます。コールバックは、エラーが発生するたびに呼び出されるので、ひとつのエラーに特化したものではありません。

単一のエラーハンドラ関数を使用

ブラウザエージェントが捕捉した特定のエラーを無視するには、コールバック関数の内部にエラーオブジェクトを含めます。

newrelic.setErrorHandler(function (err) {
if (shouldIgnoreError(err)) {
return true
} else {
return false
}
})
Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.