• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Pythonエージェントの更新

最新の機能、拡張機能、および重要なセキュリティパッチを最大限に活用するために、Pythonエージェントを最新バージョンにアップデートすることをお勧めします。特定のエージェントのアップデートについての詳細は、 Pythonエージェントのリリースノート を参照してください。

Pythonパッケージインデックス(PyPi)の更新

Python エージェントパッケージは、PyPi の http://pypi.python.org/pypi/newrelic に掲載されています。特定のパッケージでアップデートするには、対応する指示に従ってください。

Pythonパッケージ

設置手順

pip

newrelic パッケージをPyPiから直接アップデートするには、次のように実行します。

pip install --upgrade newrelic

requirements.txt ファイルにNew Relicが含まれている場合、実行することで必要なパッケージの一括アップデートを行うことができます。

pip install -r requirements.txt

easy_install

easy_install を使ってアップデートするには、次のように実行します。

easy_install --upgrade newrelic

ヒント

easy_install を使用するよりも、 pip を使用することをお勧めします。なぜなら、 pip を使用すると、エージェントソフトウェアの更新時に古いバージョンが正しく削除されるからです。

ビルドアウト

newrelic パッケージの適切なセクションを zc.recipe.egg レシピを使って作成し、パッケージをインストールします。

パッケージを手動でダウンロードする

New Relic Pythonパッケージを手動でダウンロードする場合。

  1. 現在のNew Relicパッケージを削除します。
  2. 新しいパッケージをダウンロードして、 Pythonエージェントのインストール の手順に従ってください。

ヒント

pip は、エージェントソフトウェアの更新時に古いバージョンを正しく削除するため、手動インストールを使用するよりも、 pip を使用することをお勧めします。

サポートされていないPythonエージェントのバージョン

End of life notification: 2015年1月26日をもって、Pythonエージェントのバージョンが 2.42.0 より前のデータは受け付けられなくなりました

これらのエージェントバージョンは、データ収集サービスとの通信に古いプロトコルを使用しています。また、これらのバージョンの多くには、機密データをデータ収集サービスに誤って送信してしまうセキュリティ上の問題があります。

サポート対象外のバージョンのエージェントのアップデート

重要

メジャーバージョンのアップデートなど、以前のバージョンのエージェントからアップデートしている場合は、機能変更の以下のリストを見直してください。

移行

コメント

4.2.0.100以降

リリースノート: Python agent 4.2.0.100

ローカルCAバンドルへのパスを手動で上書きします。このCAバンドルは、データ収集サービスが提示するSSL証明書を検証するために使用されます。 Pythonエージェント設定ファイル で設定します。

4.0.0.99

リリースノート: Python agent 4.0.0.99

これまで非推奨だったAPIが削除されました。

  • Transaction.add_user_attribute (use Transaction.add_custom_parameter)

  • Transaction.add_user_attributes (use Transaction.add_custom_parameters)

  • wrap_callable (use FunctionWrapper)

    Python 2.6とPython 3.3のサポートを削除しました。

    Python 2.6 および Python 3.3 はサポートされなくなりました。 推奨: Python エージェントのアップデートを継続して受け取るために、アプリケーションをサポートされたバージョンの Python にアップデートしてください。

    Pythonのバージョン2.6と3.3。

    これらは、Pythonエージェントのバージョン3.4.0.95以下でのみサポートされています。

3.0.0.89

リリースノート: Python agent 3.0.0.89

これまで非推奨だったAPIが削除されました。

  • トランザクション (use current_transaction)

  • name_transaction (use set_transaction_name)

  • Application.record_metric (use Application.record_custom_metric)

  • Application.record_metrics (use Application.record_custom_metrics)

  • Transaction.record_metric (use Transaction.record_custom_metric)

  • Transaction.name_transaction (use Transaction.set_transaction_name)

    非推奨のAPI:

  • Transaction.add_user_attribute は廃止され、 Transaction.add_custom_parameter が採用されました。 Transaction.add_user_attribute は将来のリリースで削除される予定です。

  • Transaction.add_user_attributes は廃止され、 Transaction.add_custom_parameters が採用されました。 Transaction.add_user_attributes は将来のリリースで削除される予定です。

  • wrap_callable は廃止され、 FunctionWrapper が採用されました。 wrap_callable は将来のリリースで削除される予定です。

  • data-source admin command: platform API (used by newrelic-admin data-source) は削除されました。プラットフォームAPIの代わりにデータソースをご利用ください。

2.104.0.86

リリースノート: Python agent 2.104.0.86

SSLです。

SSL接続を無効にすることは推奨されていません。デフォルトでは、SSL接続が有効になっています。将来のリリースでは、SSLを無効にするオプションは削除される予定です。

2.56.0.42

リリースノート: Python agent 2.56.0.42

非推奨のコンフィグ設定。

いくつかの設定が非推奨になりました。最も一般的に使用されているのは、 capture_paramsignored_params です。古い設定と同じ機能を実現するには、新しい attributes.includeattributes.exclude の設定を使用してください。

2.10.0.8

リリースノート: Python agent 2.10.0.8

非推奨のAPIです。

エージェント API 関数 add_user_attribute() は使用しないでください。これは現在非推奨となっています。代わりに、 add_custom_parameter() 関数を使用してください。

オプションです。これらのパラメータをブラウザのトレースに表示するには、 browser_monitoring.capture_attributes エージェントの構成設定を有効にします。

2.0.0以下の場合

プロキシの設定です。

Pythonエージェントのバージョン2.0.0以前は、 proxy_scheme の設定を提供しておらず、 SSL が無効か有効かに応じて、プロトコルスキームのデフォルトはhttpまたはhttpsになります。

古いバージョンのエージェントからアップデートしていて、設定ファイルに proxy_scheme が含まれていない場合は、設定を追加して適切に設定してください。そうしないと、エージェントは後方互換性のためにSSL設定に基づいてプロトコルスキームを継続します。

プロキシは通常、httpプロトコル・スキームによるプロキシ・リクエストしか受け付けないように設定されています。 proxy_scheme を設定しないと、失敗することがあります。

1.11.0.55

リリースノート: Python agent 1.11.0.55

WSGIサーバのスレッドプロファイリング。

WSGIサーバーが、 geventeventlet などのコルーチンライブラリを使用している場合、スレッドプロファイリング情報を取得する機能を無効にしました。これは、コルーチンがどのように実装されているかという性質上、正確な使用可能なデータを生成できないためです。

1.0.3.138

リリースノート: Python agent 1.0.3.138

WSGIリクエストの属性。

REQUEST_METHOD, HTTP_REFERER, HTTP_USER_AGENT のようなWSGIリクエスト環境からキャプチャーされた属性が、エラーの詳細やスロートランザクションのトレースにおいて、 Request environment カテゴリの下でUIに表示されるようになりました。これまでは、UIの Custom parameters に表示されていました。

Copyright © 2022 New Relic Inc.