• ログイン今すぐ開始

Javaエージェントのアップデート

New Relicの最新機能、追加機能、重要なセキュリティパッチを最大限に活用できるよう、Javaエージェントを最新バージョンにアップデートすることをお勧めします。特定のエージェントのアップデートの詳細については、Javaエージェントのリリースノートを参照してください。

これらのアップデート手順では、New Relic Javaエージェント (newrelic.jar) を含んだエージェントのルートディレクトリの現在のコンテンツの一部を、New Relic UIから新たにダウンロードしたコンテンツと置き換える方法を解説しています。

最新バージョンへのアップデート

現在使用中のJavaエージェントのバージョンを特定するには、java -jar newrelic.jar -vを実行します。Javaエージェントのバージョンがコンソールに出力されます。

次に、最新バージョンのJavaエージェントにアップデートするには、以下の手順に従います。

  1. すべてJavaエージェントのルートディレクトリを別の場所にバックアップします。そのディレクトリの名前をNewRelic_Agent#.#.#に変更します。ここで、#.#.#はエージェントのバージョン番号です。
  2. エージェントをダウンロードします。
  3. 新しいエージェントのダウンロードファイルを解凍し、newrelic-api.jarnewrelic.jarを元のJavaエージェントのルートディレクトリにコピーします。
  4. 古いnewrelic.ymlとzipからダウンロードした新しいnewrelic.ymlを比較し、必要に応じてファイルを更新します
  5. Javaディスパッチャを再起動します。

Javaエージェントのアップデート後に問題が発生する場合は、バックアップしたNew Relicエージェントディレクトリから復元します。

エージェント設定の差分のアップデート

エージェントの新しいバージョンをリリースする際に、newrelic.ymlに新しい設定を追加します。diffまたは別の差分ユーティリティを使用して変更内容を確認してから、新しい設定を古いファイルに追加できます。ライセンスキー、アプリ名、デフォルト設定の変更など、ファイルに対して行ったカスタマイズを上書きしないようにしてください。

たとえば、Javaエージェントバージョン7.7.0と7.8.0に対してデフォルトのnewrelic.ymlファイルのdiffを実行した場合、コンソールに出力される結果は、以下のようになります。

➜ diff newrelic_7.7.0.yml newrelic_7.8.0.yml
98c98
< #forwarding:
---
> forwarding:
100,101c100,101
< # When true, application logs will be forwarded to New Relic. The default is false.
< #enabled: false
---
> # When true, application logs will be forwarded to New Relic. The default is true.
> enabled: true

この例では、これらの行がJavaエージェントバージョン7.8.0のデフォルトのnewrelic.ymlに追加されています。7.8.0 以降に移行する場合は、これらの新しい行を元のnewrelic.ymlに追加する必要があります。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.