• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

カスタム JMX YAML の例

これは、New Relic の Java エージェント用のカスタム JMX YAML ファイルの例で、値と定義、MBean、属性、タイプ、およびメトリクス、オブジェクト、属性の名前が含まれています。ビデオを含めた詳細は、 YAML によるカスタム JMX モニタリング をご覧ください。

YAMLの例

ここでは、カスタムJMXのYAMLファイルの例を示します。YAMLファイルはスペースを気にします。

name: TomcatCustom
version: 1.0
enabled: true
jmx:
- object_name: Catalina:type=Cache,host=localhost,path=/examples
metrics:
- attributes: accessCount, cacheSize, hitsCount
type: simple
- object_name: Catalina:type=Connector,port=8009
metrics:
- attributes: bufferSize, maxHeaderCount
- object_name: java.nio:type=BufferPool,name=*
metrics:
- attributes: Count
type: monotonically_increasing

説明例

オブジェクトと属性名の検索

利用可能なMBeansとその関連属性を見つける最も簡単な方法は、 JConsole instructions for JDK 1.6 を使用することです。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.