• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Javaカスタム計測器のサーキットブレーカー

New Relic の Java エージェントには、過剰なインスツルメンテーションの影響からアプリケーションを保護するサーキットブレーカーが搭載されています。サーキットブレーカーは、メモリ枯渇の初期症状を検出すると、自動的に"トリップ" を実行し、計測を制限します。エージェントは、サーキットブレーカーがリセットしても安全であると判断して自動的にリセットするまで、トランザクションデータの収集を停止します。

このサーキットブレーカーは、2つのパラメータ(ヒープの使用量とガベージコレクションに費やされた時間 )を考慮して、いつトリップすべきかを決定します。これらのしきい値のデフォルト値はパーセンテージです。

  • メモリ閾値:20
  • ガベージコレクションのCPU閾値。10%

空きヒープメモリの割合が memory_threshold よりも少なく、ガベージコレクションに費やされたCPU時間が gc_cpu_threshold よりも多い場合、サーキットブレーカーが作動します。サーキットブレーカーが作動すると、エージェントはトランザクションデータの収集を停止します。APM UIで報告されるスループットは過小評価され、一定期間トランザクションのトレースが表示されなくなります。

記憶力低下の理由

サーキットブレーカーは、メモリーの消耗を検知すると作動します。これにはいくつかの理由があります。

トラブルシューティング

ブレーカーが落ちてしまった場合は、以下のトラブルシューティングをお試しください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.