• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Java版WildFlyのインストール

New Relic の Java エージェントをインストールする前に、お使いの WildFly バージョン がサポートされていることを確認してください。アプリケーションが使用しているWildFlyのバージョンによっては、追加の設定手順が必要な場合があります。

11より前のWildFlyバージョンのインストール

サポートしているWildFlyのバージョンがv11より前の場合は、 標準的なJavaのインストール手順に従ってください****追加の設定をする必要はありません。

WildFlyバージョン11以上のインストール

WildFly バージョン 11 以上 を使用している場合、New Relic の Java エージェントをインストールした後に追加の設定が必要になります。

  1. Java エージェントをインストールする 。すでにインストールされている場合は、 を、 最新の Java エージェント バージョンに更新します。バージョン 5.0.0 以降には、以降のWildFlyバージョン11以降の修正が含まれています。

  2. standalone オペレーティングシステムに適した構成ファイルを開き、 -javaagent プロパティJAVA_OPTS に追加します。例えば、Linuxを使用している場合は、 /bin/standalone.conf ファイルを、Windowsの場合は、 /bin/standalone.conf.bat を編集します。

  3. エージェント jar は、 com.newrelicstandalone スクリプトのいずれかのオプションを使用して JBoss modules system packages に追加することで、すべての JBoss モジュールから見えるようにします。

    • 推奨。オプション1-javaagent プロパティを追加するのと同じです。)

      JAVA_OPTS="$JAVA_OPTS -Djboss.modules.system.pkgs=$JBOSS_MODULES_SYSTEM_PKGS,com.newrelic"
    • オプション 2:

      if [ "x$JBOSS_MODULES_SYSTEM_PKGS" = "x" ]; then
      JBOSS_MODULES_SYSTEM_PKGS="org.jboss.byteman,com.newrelic"
      fi
  4. アプリケーションサーバーを再起動します。

Copyright © 2022 New Relic Inc.