• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

GradleによるJavaエージェントのインストール

このドキュメントでは、Gradle を使用して Java エージェントをインストールする方法を説明します。Java エージェントを手動でインストールする方法については、 Java エージェントのインストール および Java エージェントの設定 を参照してください。コンフィグファイル.

Gradleによるエージェントパッケージのインストール

  1. 以下のいずれかの方法で、New Relic Java エージェントをインストールします。

  2. newrelic.ymlnewrelic.jar と同じフォルダーに置きます。JVM arg で特に指定しない限り、 Dnewrelic.config.file と同じフォルダーに置きます。

  3. newrelic.yml ファイル (または JVM system properties) に、 license_keyapp_name を設定します。

  4. -javaagent:/path/to/newrelic.jar をアプリケーションサーバが動作しているJVMに渡します。

  5. オプション: New Relic Java agent API を使用する場合は、アプリケーションクラスパスに API jar を追加して、コンパイル時に利用できるようにします。

アプリのトラフィックを生成し、 APM Summary page にデータが表示されるまで数分待ちます。何も表示されない場合は、 トラブルシューティングの手順に従ってください

Copyright © 2022 New Relic株式会社。